スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブタペスト◆その5(2008,4/26~5/4)

●夜景
ブタペストの夜景は素晴らしい!
もし時間がない人がいれば夜景だけを見ればブタペストは十分だろう!
ブタペスト0503

ブタペスト0508

ブタペスト0501

ブタペスト0502

ブタペスト0504

ブタペスト0506

ブタペスト0507


●ハンガリーのごはん
◆ハンガリー料理
宿の近くで安くておいしいハンガリー料理屋を
教えてもらったので宿のメンバーで食べに行った。

でも、残念な事に腕のいい料理長が長期で休みor辞めた?
みたいで、あまりおいしくなかった・・・・
▼全体的にはこんな感じ
ブタペスト0509

▼唯一お勧めできるのが『グヤーシュ』パプリカのスープだ。
ブタペスト0510

◆Smack
ハンガリーのスーパーで売っているいインスタント麺
なんと驚き!このラーメン、日清の製品である!!
▼もちろん味もGood!!おやつや夜食に食べてた。
ブタペスト0511


スポンサーサイト

ブタペスト◆その4(2008,4/26~5/4)

前回の続きで、ドナウ川とブタ側とを紹介♪

-ドナウ川ー
ブタとペストを結ぶ橋は全部で9本ある。
●鎖橋
ブタペストの象徴ともいうべき鎖橋、
ライオン橋とも呼ばれたりするが正式にはセーチェニ鎖橋だそうだ。
▼もっと大きいと思っていたが対面通行の2車線しかない
ハンガリー0401

▼橋の入り口にあるライオン
ハンガリー0402

●マルギット橋
ドナウ川沿いにある主要な建物が一望できる
▼右がブタ側で丘の上に王宮、左がペスト側で国会議事堂、中央は鎖橋が見える。
ハンガリー0403


-ブタ側ー
●王宮
ブタ川の丘の上に建つ王宮は二つの世界大戦の時に
はげしく損傷し第2次席大戦後に復旧された。
現在は図書館や美術館として公開されている。
▼戦後修復されたんで新しい感じがする。
ハンガリー0404

▼カラスが指輪を咥えてる。で、どういう意味があるんだろう??
ハンガリー0405

▼王宮からの眺め ~その1~
ハンガリー0406

▼王宮からの眺め ~その2~
ハンガリー0408
●マーチャ―シュ教会
▼尖塔が有名だが訪れた時は残念ながら修復中だった。
ハンガリー0409

●ゼロポイント
ブタペストまで何キロとはここを起点に測られてるそうだ。
▼わかりやすいゼロの置物
ハンガリー0410
以上が、ブタペストで僕たちが訪れた主な観光地だ。

続きを読む

ブタペスト◆その3(2008,4/26~5/4)

プラハ・ウィーン・ブタペストと東欧で中世の街並みを持った街は
同じような感じだ。当たり前と言えば当たり前だが似ている。

どの街がいいかは訪れた人によって全く違うが
僕はこの中ではブタペストが好きだ。
のんびり滞在したので余裕を持って過ごしたのが
大きかったと思うが僕の中ではブタペストがお気に入りだ。

ブタペストはドナウ川を挟み3つの地区に分かれている。
西側のブダとオーブダ、東側のペストの3地区からなる。
これらの地区はもともと別々の町であり、合併されてブダペストとなった。

-ペスト側-
●マクドナルド
なぜか観光の最初は訪れたのはマクドナルドだった。
誰が言ったのか知らないがブタペスト西駅の構内にある
マクドナルドは世界一豪華な内装のマクドナルドと聞いた。
▼古い駅舎を利用して豪華っぽいが、このレベルのだとヨーロッパではどこにでもある・・・
ハンガリー0301

●アンドラシー通り
2002年に世界遺産の歴史地区の拡張で世界遺産に指定された地区
この通り沿いに見どころが集まっている。
▼落ち着いた雰囲気があり散歩にいい。高級住宅が並ぶ
ハンガリー0302

◆英雄広場
アンドラシー通りの突き当りにある広場。建国1000年の祝いに造られた。
以前はハプスブルク家の王の像もあったが独立戦争のときに他の人に置き換えられた。
▼ハンガリー史に残る英雄の像が並ぶ。
ハンガリー0303

◆市民公園
英雄広場の裏に広がる市民の憩いの場。
▼休みの日にはフリーマーケットなどもある。
ハンガリー0304

市民公園の中にお城があった。
かなりかっこいい城なのにガイドブックなんかで見た記憶がない
▼レゴでありそうな中世のお城
ハンガリー0305

かっこいいと思い写真を結構撮り宿に帰り調べてみると・・・
このお城ハンガリー建国1000年際の時にパビリオン的な感じで
ルーマニアにある城を模して造られたそうだ。

◆セーチェニ温泉
ブタペストは温泉が有名だ。
市内にはいくつかの温泉があるり本格的に硫黄の匂いがする温泉から
プールのような温泉と様々な種類まである。
セーチェニはプール的な感じの温泉で水着を着てはいる。
水温は低く日向水程度の温かさだ。
▼水着のおねーちゃんも多いく、ここ体の保養より目の保養にはいい(笑)
ハンガリー0306

僕は行っていないがナナ達はルダシュ温泉に行った。
こっちの方は硫黄臭がし、お湯も熱く僕達が想像する温泉だったそうだ。

◆国立オペラ劇場
アンドロシー通りの中心的建物。
見た目と違い内部はかなり広く豪華だそうだが、ウィーンでオペラは
お腹いっぱいだったため今回は行かなかった。
▼後で築いたがバレーもやっていたのでそっちを見に行けばよかった・・・
ハンガリー0307

●聖イシュトヴァーン大聖堂ブタペスト最大の教会。
死後聖人となったイシュトヴァーン国王の右手が聖遺物とされ置かれている。
▼街の中心にある。
ハンガリー0308

▼内部
ハンガリー0309

▼これがその右手が入ってる箱。
ハンガリー0310

●国会議事堂
ドナウ川沿いに建つネオゴシック様式の国会議事堂。
国会議事堂とは思えないくらいかっこいい造り。
これまで見た国会議事堂の中で飛びぬけていい!!
▼でかすぎて近くからは良さが分からない
ハンガリー0311

▼なので対岸(ブタ側)からの眺め
ハンガリー0312

●中央市場
▼ここでフォアグラが買える
ハンガリー0313


ブタペスト◆その2 (2008,4/26〜5/4)

●主役は??

さて本日の主役はしゅん君である。

しゅん君は、この業界(東欧旅行者業界?)ではダメ人間で通っている。
彼とはこの後ソフィア、イスタンブールでともに行動?生活?するのだが、
彼のダメぶりに僕は救われたり、彼がいるために僕がダメになったりした。
詳しくはまた後日に書くが、今回の主役はそんなしゅん君のはずだった・・・

話は飛ぶか、皆さんほとんどご存じないだろうと思うが
ハンガリーはフォアグラの有名産地だ!!
世界各国で動物保護ということで生産ができなくなってきている。
ハンガリーは規制がないのかどうかは知らないが庶民というか僕達でも安く買えてしまう♪

話は戻るが今回の主役しゅん君が誕生日を迎えるということなので
じゃ~誕生日ということでフォアグラをみんなで料理して祝おうということになった!

市場に新鮮なフォアグラを買いに行こうという事になったが
なぜか当日はみんな観光に出かけ宿に残ったのは僕としゅん君・・・

仕方なく二人で市場に出かけフォアグラを買いに行くことに。
自分の誕生日にメインのフォアグラを買いにお使いに行かないと
いけないということ自体が主役の座が危うくなってきている始まりだった。

市場に行くとフォアグラ専門店が4件ほどありその中で見比べて購入することにした。
▼店頭に並んだフォアグラ
ハンガリー0201
フォアグラ約\3800 /キロで750gのフォアグラを買って帰った。
フォアグラって日本で買うといくらくらいなんだろう?
▼フォアグラノとガイドブック
ハンガリー0202

女性陣は観光の帰りに誕生日にはケーキということでアンダンテ近くにある
高級なケーキ屋でチョコレートケーキを買ってきた、試食といって
ショートケーキを食べてきたそうだが・・・

宿に戻り、フォアグラ料理3度目の炊事班長ののもと調理開始!!
しゅん君には主役ということでフォアグラに最初の包丁入刀の大役が与えられたが、
フォアグラを前に、みんなテンションが上がり主役の座はあっさりとフォアグラに移ってしまった。
▼結局みんな記念にフォアグラを切ることに。主役より楽しんでるナナ♪
ハンガリー0203

しゅん君の誕生日会のはずだったがいつのまにかフォアグラ祭りに変更されてた。
アンダンテHPの日々の様子のページでも、この日の事は
誕生日会ではなくフォアグラ祭りとして紹介されている。(笑)

そして新たな主役のフォアグラが焼きあがったりみんなの興奮は最高潮に♪
普通に、『いただきま~す♪』の後に思い出したみたいに
『あっ、おめでと~う』みたいな感じになっていた。
▼真中が本日の主役フォグラ♪
ハンガリー0204

でも、フォアグラの感想は、
『ま~、フォアグラってこんな感じかと、かなり脂っこい・・・』
なにごとも経験ということで、いい経験しました。

食後のケーキの時に主役復帰というかローソクの火を消す係りの為に
再登板、本日の元主役しゅん君登場!!
▼フォアグラと同じくらいの値段の高級ケーキ
ハンガリー0206

しかし、ろうそくを消したあと切り分けようとしたがうまくいかず
結局みんなでスプーンを持ってがっつくことに、
こうなると強いのはスイーツ大好女性陣!!
元主役のしゅん君は再びベンチへ・・・
▼ご満足のナナ
ハンガリー0205

いまさらですが、最後に彼が本日の元主役しゅん君
▼なぜか旅に出る前に友達からもらったタオルと共に記念写真
ハンガリー0207


ブタペスト◆その1 (2008,4/26~5/4)

●沈没宿アンダンテ
旅人の中で大絶賛の宿アンダンテ
ちょうどイスタンブールの宿で同じだった
ひげ教祖が炊事班長に就任したとかしてないとか
久しぶりの再会も楽しみにブタペストに向かった。
▼見た目の近寄りがたさからは想像できないくらい面白い人
ブタペスト0101

このアンダンはほんとにすばらしく居心地がよかった♪

宿のメンバーにも恵まれたのもあるが、
まず、宿が清潔、立地条件抜群、自炊可能
ネットフリー、Wifi有り、マンガも腐るほど、
プレステ2、DVDもありetc・・・
そして宿のスタッフもみんな親切すぎる♪
僕達がドミ料金で泊まらしてもらったロフトのベット
ブタペスト0104

こんな快適なアンダンテだが実はまだ始めて1年。
ちょうど僕達が滞在中に一周年を迎えカレーパーティーが開かれた。
▼カレーパーティーの様子。おめでとうございます♪
ブタペスト0103

こんな素晴らしすぎる宿の為、東欧での新しい沈没ポイントになっている。
先にいたひげ教祖なんかなんだかんんだでこの時点で4ヶ月ほどの滞在だ!

僕達も観光そっちのけで宿で同じく動けなくなっている旅人とだらだらおしゃべり。
一日で一番頑張るのは食事時。炊事班長の指示の下シェア飯作りに励む!
このときばかりはダラダラしている旅人もわがご飯なんで頑張って動く♪
(※シェア飯 旅人同士がお金と労力を出し合って作り食べる。シェアーご飯の略)
▼炊事班長の指導の下シェア飯造りに励む
ブタペスト0102

▼本日のメニューは鳥カラ・豆ごはん・ポテトサラダ・漬物・・・
ブタペスト0105

とこんな感じ、どうでしょ~??
皆さんバックパッカーのご飯て貧しいと思ってたんじゃない?
料理の得意な炊事班長なんかがいれば、いつもこんなのが食べれる♪

長期のバックパッカーの話は面白い♪
自分がまだ行った事のない場所の話や、
トラブルや失敗談など皆かなり引き出しを持っている!
▼食後にお酒を飲みながらそんな話を聞いてるととまらなくなる・・・
ブタペスト0106


結局朝方まで話込み、翌日目覚めると昼前、
観光を諦め再びシェア飯作りに励む日々・・・


こんな感じでアンダンテで宿泊ではなく生活モードに入ってしまい
抜け出す事が難しくなり居ついてしまう事になる。

◆宿の紹介
別に回し者ではないが、この旅行で泊まったベスト宿ということで
アンダンテのリンクを張っておきます♪
バックパッカー向けのドミトリーのほかに一般ツーリスト向けの部屋もあるんで
バックパッカーじゃない人にもお勧めです。
ブタペスト日本人宿 アンダンテ←クリックしてもらえばHPに飛びます♪


プロフィール

よ~じ&ナナ

Author:よ~じ&ナナ
2007年6月1日から
2009年9月17日まで
世界一周の旅に出ていました。

現在地 2015/08/29
日本・高松
転勤で四国に移動!
四国での生活を満喫中♪

旅した国◆67カ国
中国・ネパール
インド・UAE・トルコ
ギリシャ・イタリア
バチカン・スペイン・モロッコ
ポルトガル・フランス
ベルギー・オランダ・ドイツ
フィンランド・エストニア
ラトヴィア・リトアニア
ポーランド・チェコ
オーストリア・スロバキア
ハンガリー・スロベニア
クロアチア・モンテネグロ
ボスニアヘルチェゴビナ
セルビア・ブルガリア
マケドニア・グルジア
アルメニア・イラン
シリア・レバノン
ヨルダン・イスラエル
パレスチナ・エジプト
イエメン・エチオピア
ケニア・ウガンダ
ルワンダ・タンザニア
マラウィ・ザンビア
ナミビア・南アフリカ
アルゼンチン・チリ
ブラジル・パラグアイ
ボリビア・ペルー
エクアドル・コロンビア
パナマ・コスタリカ
ニカラグア・ホンジュラス
エルサルバドル・グアテマラ
メキシコ・キューバ・カナダ

カテゴリー
最近の記事
訪問者数
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近のコメント
FC2ブログランキング
ブログランキングに登録してます! 是非バーナーを、クリックしてください♪

FC2ブログランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。