スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●カズベキ・グルジア軍道(2008,7/2~3)

ロシア国内にはなだらかな山地が多くグリジア北部のような
険しい山岳地帯は珍しく、ロシアの中のアルプスと讃える人もいるとかいないとか・・・

そんな山岳地帯へトビリシからアクセスしやすいのがグルジア軍道、
トビリシから大カフカス山脈を抜けてロシアまでつながっている。

その、グルジア軍道のグルジア側の最終の村がカズベキで
景色がいいと評判なんで1泊2日宿で一緒だった福さんとしゅうぞうさんと4人で出かけた。
▼カズベキ行きのマルシュカート(乗合バス)
カズベキ01

アルプスかどうかは別として眺めのいい山東を走りカズベキに着いた♪
▼癒される絶景♪
カズベキ02

昼前にカズベキに着き荷物を置き
村の反対側の山頂あるツミンダ・サメハ教会まで登った。
▼カズベキの村
カズベキ03

▼山頂まで約2時間結構急だった!
カズベキ04

▼内部は普通だが景色がいい
カズベキ05

▼遠足に来ていた高校生と記念写真
カズベキ06

翌日は隣村のスノ村まで散歩に行った。
田舎なんで隣村といっても2時間ほど歩かないといけない。

▼スノ村まではのんびりしたいい雰囲気の中を歩く♪
カズベキ07


▼カズベキからず~と着いてきた2匹の犬ヤエゾウとシンゴ
カズベキ08

スノ村に行ったのはこの地方の伝統的な搭状の家を見に行くためだった。
この塔状の家は外部からの攻撃に備えて籠城するためにこのような造りになったそうだ。
▼この地方の伝統的な家
カズベキ09

家自体は大したことなかったが村までの道が癒された♪
▼ハイキングには、いいコースだった。

帰りは4人でタクシーを貸切グルジア軍道の見所を見ながらカズベキに帰った。
▼石灰棚。鉄分が含まれてるんで赤茶色
カズベキ10

▼なぜこんな絵が分からないが展望台にある絵
カズベキ11

▼マイナスイオン溢れる景色
カズベキ12

カズベキはトビリシで、だらだらしていた僕達には良かった♪
やっぱ、自然はいい!!と改めて認識した。

但し、カズベキもゴリと同じく現在の状態は不明。
グリジア軍道はロシアからのグルジアへの幹線ルートになる、
多分このルートを使いロシア軍は進行してきたと思われる。
この穏やかな景色が変わらず残されている事を願う。

スポンサーサイト

●ゴリ(2008,6/29)

世界中で公の場に唯一スターリン像残っている町ゴリ。

宿の情報ノートでそんな書き込みを読み、
ちょっとスターリンを見てみたくなったので出かけることにした。

なぜスターリン像が残こっているのか?
フルシチョフがらスターリンを批判しソ連全土から撤去させたはずだが
調べてみるとゴリはスターリンの故郷だった為に反対運動が起き残されたそうだ。
ロシア出身でないのに、よくソ連のトップになれたものだと驚いた!

ゴリへはトビリシからバスで1時間半ほどのはずだったが・・・
▼2回のパンクで動けなくなったバス
ゴリ01

幸いゴリからすぐの場所でのパンクだったので
向かいのバスがやってきて、それに乗り換えゴリに行くことができた。

バスに乗ってるとスターリンが見えてきたので降ろしてもらった♪
▼街の中心に堂々と立つスターリン!!
ゴリ02

▼さらに近寄ってみると、あっ、ファンファン大佐だ・・・
ゴリ03

ソ連が崩壊した現在でもこんな田舎の街ではスターリンは英雄なんだろう。

スターリン像のある広場から10分のところにスターリン博物館がある。
博物館の前にはスターリンの母親の記憶をもとに生家が復元されてる。
▼別にどうってことのない家
ゴリ04

▼ここにも,白いファンファン大佐が・・・
ゴリ05

博物館横にはスターリンがポツダム会議に出席する時に使われた車両が置いてあった。
▼中国製だった。おそるべしmade in china
ゴリ10

博物館は外国人料金が設定されてバカ高く、たいした内容でもなさそうなので入らなかった、
ロビーと土産物コーナーは自由に入ることができた。
土産物コーナーではスターリンTシャツなんか売っていた(笑)
▼ロビーに飾ってあったスターリンの絵
ゴリ06

▼スタッフは当時の軍服のコスプレ♪ミニスカ・アーミー?(笑)
ゴリ07


ゴリはロシアと紛争時に激しく空爆されたみたいだが
人口は7万人程度の小さな町で、人通りもまばらで
こんなところをロシアは本気で空爆する理由が
果たしてあったのだろうかとニュースを見て疑問に思った。
▼ゴリのバス横の市場
ゴリ08

現在はゴリの町は勿論、スターリン像やスターリン博物館が
どういう状況になっているかは分からない。

トビリシ◆その3(2008,6/23~7/3)

そんな見所のないトビリシに10日も滞在・・・
理由は胃袋を掴まれちゃった♪

グルジアの物価はかなり安いので好きな物が食べれる。
ブログを書こうと思い、トビリシの写真を見てもほとんどが食べ物の写真だった・・・

●グルジアの家庭料理
宿の近くに惣菜屋があり、お母さん達がグルジアの家庭料理?を売っている!
安いし味もまあまあ♪
▼こんな感じでお母さん達がが販売している。
トビリシ0301

▼変な形の、でかいナン♪
トビリシ0302

●町の食堂
駅前にあった大衆食堂よく通った。
▼メニュー。全然わかんない、想像すらできない・・・
トビリシ0303

▼こんなのが食べられる。これはスープにハンバーグとマッシュポテトがはいってる。
トビリシ0304

▼食堂の風景
トビリシ0305

●ヒンカリ
グルジア名物といえばヒンカリ。
ヒンカリとは蒸し餃子。
多分、シルクロードを通って伝わったんだろう♪
▼あつあつでジューシーな肉汁が流れ出る♪
トビリシ0306

▼ヒンカリには生ビールが・・・でもグルジアのビールは残念な事にレベルが低い。
トビリシ0307

●ハチャプリ
どこでも売っているハチャプリ
サクサクのパイ生地の中にとろとろチーズが入ってる
これが朝食にGood!!
▼焼きたてだと最高!!
トビリシ0308

●インスタントラーメン

物価が安いんで自炊なんてしなくてもいいんだが気になって買ってみた
ロシア製のインスタント麺!これがなかなかいい感じの味だった♪
▼けっこう色んな種類があった
トビリシ0309

こんな感じで昼前に起き食堂に行き、だらだら散歩なんかしては
惣菜を買いってな感じで10日ほど滞在してしまった。
結局最後は惣菜に飽きたのでアルメニアに移動することにした。(笑)

トビリシ◆その2(2008,6/23~7/3)

●トビリシ観光
グルジアの首都トビリシ。
それなりに歴史のある街みたいだが、あまり見所がない・・・。
見所がないと言っては語弊がある。

旧ソ連時代の馬鹿デカイ建築物に興味があって
グルジアをメインに日本から旅行に来てる人もいたんで
人によっては見所はあるものなのだ。
▼こんな建物だろうか??
トビリシ0201

なので訂正、僕達の興味がわく見所がない。

それでも、散歩がてらにぶらぶらと市内を歩き回っていた。
ロシア語はどうにかなるもので、どうなったかは説明できないが・・・
とにかく当時はどうにかなっていたので市内を歩き回っていたんだろう(笑)
▼トビリシ市内
トビリシ0202

▼地下鉄があるがかなり深い。ソ連時代に造られたせいだからだろうか?
トビリシ0203

▼マクドナルドも読めない・・・
トビリシ0204

▼トビリシで一番有名なメヒテ教会
トビリシ0205

▼僕達は行かなかったが温泉も市内にはある。評判はいい。
トビリシ0206

▼旧市街には教会が多い
トビリシ0207

▼蚤の市、旧ソ連時代の品物が多い。僕達もついつい買っちゃたりした♪
トビリシ0208

▼市の中心、なんとか広場・・・名前忘れちゃった。
トビリシ0209

こんな感じなトビリシ市内。
旧ソ連の雰囲気が残る街をあてもなく散歩していた。

トビリシ◆その1(2008,6/23~7/3)

残念な事にロシアとの紛争で有名になったグルジア。
僕が訪れた時はメールで
『グルジアって、どこよ??』ってよく聞かれた。
僕達も旅に出るまで知らなかった。

中央アジアをアジア横断してきた人達に
カフカスの国々(グルジア・アルメニア・アゼルバイジャン)
の話を聞き興味がわいた。

旅行するには物価も安くバックパッカーにはありがたい国で
全くイメージのわかない国に行ってみるのもおもしろいかもと
パキスタンを諦めた替わりにイランに行く前に寄っていくことにした♪

トルコ・トラブゾンからバスでグルジアの首都トビリシへ
バスが遅れ夜の9時に郊外のバス停に下ろされる・・・。

ガイドブックによると
トビリシは若者がナイフを携帯しており、外国人を狙った恐喝や強盗が多いと、
しかも、地図によると僕達が泊まろうとしてる宿の隣の通りは、
夜間強盗多発地帯って書かれてるし・・・

通りに出てタクシーを捕まえ宿の近くまで行くことにしたが・・・

『◎▲◇※▼!! ■※●・・・・・!!』

全く言葉が分からない・・・

英語、通用度0・・・

ロシア語で知っているのは、スパシーバくらい・・・
(正確にはグルジア語なんだがロシア語も通じる)
20分位いろんな人に助けを求めたが全く何も通じない・・・

最後はガイドブックに載っていたグルジア駅の写真を見せ
襲われることもなくなんとかタクシーで宿に行くことができた。
▼昼間のグルジア駅。一応工事中??でも、ず~っとこんな感じなんだそうだ。
トビリシ0101

こんなのでグルジア旅行大丈夫なのか??
ロシア語全くできないのに旧ソ連圏の国々って回れるのか??
不安なまま初日は終わった・・・

プロフィール

よ~じ&ナナ

Author:よ~じ&ナナ
2007年6月1日から
2009年9月17日まで
世界一周の旅に出ていました。

現在地 2015/08/29
日本・高松
転勤で四国に移動!
四国での生活を満喫中♪

旅した国◆67カ国
中国・ネパール
インド・UAE・トルコ
ギリシャ・イタリア
バチカン・スペイン・モロッコ
ポルトガル・フランス
ベルギー・オランダ・ドイツ
フィンランド・エストニア
ラトヴィア・リトアニア
ポーランド・チェコ
オーストリア・スロバキア
ハンガリー・スロベニア
クロアチア・モンテネグロ
ボスニアヘルチェゴビナ
セルビア・ブルガリア
マケドニア・グルジア
アルメニア・イラン
シリア・レバノン
ヨルダン・イスラエル
パレスチナ・エジプト
イエメン・エチオピア
ケニア・ウガンダ
ルワンダ・タンザニア
マラウィ・ザンビア
ナミビア・南アフリカ
アルゼンチン・チリ
ブラジル・パラグアイ
ボリビア・ペルー
エクアドル・コロンビア
パナマ・コスタリカ
ニカラグア・ホンジュラス
エルサルバドル・グアテマラ
メキシコ・キューバ・カナダ

カテゴリー
最近の記事
訪問者数
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近のコメント
FC2ブログランキング
ブログランキングに登録してます! 是非バーナーを、クリックしてください♪

FC2ブログランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。