スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダマスカス(2008,8/17~20)

シリア北部からレバノンへ入りダマスカスへ向う人は15日の無料の再入国ビザが
貰えるると聞いていたが僕達が行った時は有料、しかも3日しか発行されなかった。
(5日滞在しても問題なかったて言う人もいた)
自動的にダマスカス滞在は3日になった。

旧約聖書の時代から現在にまで現存する世界最古の都市のひとつダマスカス。
歴史の長さに比べると見所は少ない気がする。
でも、聖書などに記述されている場所が現在も残っているのは面白い。
●スーク・ハミディーエ
アレッポのスークと同じくらい大きいと言われているダマスカスのスーク。
▼アレッポのスークと比べると綺麗に整備され道が広く都会的な感じ
ダマスカス01

▼スークで見つけた変ったアイス。ソフトクリームとアイスの中間みたいでウマカッタ♪
ダマスカス02

●ウマイヤドモスク
現存する世界最古のモスク。
イスラム教、第4の聖地とされていて世界中から巡礼者がたくさん集まる。
寺院内には洗礼者ヨハネの首が埋葬されている。
イスラム教第4の聖地でも異教徒を受け入れてくるてありがたい。
モスク内はひんやりしていて絨毯の上に座りのんびりできる。
地元の人達も結構しゃべりかけてくれ楽しく過ごせる。
▼元はキリスト教会だったので他のモスクと感じが違う。
ダマスカス03

▼これの中にヨハネがいるっぽい。
ダマスカス04

▼女性はこんなフードを借りて中に入ることができる。
ダマスカス05

▼ライトアップされたモスク
ダマスカス06

※洗礼者ヨハネ
 イエスにヨルダン川に洗礼を授けた。イスラム教ではイエス同様、預言者とされている。


新約聖書に登場するのパウロがキリスト教に改宗する舞台が、ここダマスカス。
聖書の中に登場する場所が現在でもいくつか残っている。
※参考 新約聖書・使徒行伝9章第1~22節

●まっすぐな道 Via Recta
ローマ時代のダマスカスのメインストリートの一つであり、1500メートル以上の長さがあった。
▼期待はしていなかったが、ホントただのまっすぐな道だった・・・
ダマスカス07

●聖パウロ教会 Bab Kisan
元は旧市街にあった門のひとつで、パウロがここから籠に入って
塁壁から吊り下げられ、ここから脱出した。
現在は閉鎖されて教会がその場所に建てられた。
▼綺麗に修復され歴史ある門とは思えない。
ダマスカス08

▼教会内部
ダマスカス09

●アナニアス教会
パウロを助けたアナニアスの家の地下貯蔵庫であった場所が教会となっている。
▼パウロ関係の教会の中では一番味があった。
ダマスカス10

◆おまけ
●カシオン山
聖書によると、この世で最初の殺人が起こったのが、ここカシオン山だそうだ。
殺人の聖地?悪の聖地?
▼現在は高級住宅地と軍事基地になっているそうだ。
ダマスカス11

●ダマスカスの食べ物
名前は忘れたが、豆をペースト状にしてオリーブオイルをかけていると思うが
これをナンに挟んで食べるとおいしかった♪意外とお腹も膨れる。
▼滞在中は1日1回は食べてた
ダマスカス12

ハッピーダマスカス??ほんとの名前かどうかは不明だが名前なんてどうでもいい!!
おいすぃぃぃ~~~!!
レモンとオレンジのシャーベットだがさっぱりした味と触感がなんとも言えない♪
▼滞在中は1日2回以上食べてた。やめれない・・・
ダマスカス13


ダマスカスのお勧めはハッピーダマスカスが一押し!!
暑さで疲れた体にはあの冷たさと甘さが体中に染みわたる。

スポンサーサイト

パルミラ(2008,8/11)

●『ハマは居心地がいい♪』ので日帰り!~その2~

誰が呼んでるか知らないがパルミラはイラン・ペルセポリス、
ヨルダン・ペトラと並び中東の3Pなんて言われてるらしい。

ペルセポリスに感動していたので期待大の遺跡だったがハマの
居心地の良さには勝てず日帰りで行くことにクラック・デ・シュバリエと同じく
ホムスまで行きそこでバスに乗換片道2時間でパルミラに行った。


パルミラはシリア砂漠の真ん中にあるローマ帝国時代の都市遺跡だ。

あぢぃぃぃぃぃぃ~。

▼分かっちゃいたけど暑すぎる!!
パルミラ02

砂漠の真ん中に建っているため影がない・・・
観光中はずっと照りつける太陽に好きなように焼かれる。

ペルセポリスは見所がけっこうコンパクトに収まっていて観光には良かった。
それに対しパルミラは砂漠を好きなだけ使ったような感じで果てしなく広い・・・
都市としてはかなりの規模だと思うが、観光にはキツイ・・・・
▼どぉ~んと、砂漠の果てまで続いてるような気になてしまう列柱回廊。
パルミラ04

▼ここがパルミラのメイン
パルミラ01

▼四面門、たぶん有名・・・
パルミラ03

▼こんなのが砂漠のあっちこっちに建ってる感じ
パルミラ05

▼それをミネラルウォーター片手に歩き回った・・・
パルミラ06

ブログなんでもちろん以下は個人的な感想だが、
確かに果てしなく続く列柱回廊とかはすごい!
が、それでもペルセポリスに並ぶとは思えないし
先に言えばパルミラと比べても全然格下だった!

なんて事を後日パルミラに行った旅人と話していたら
パルミラの一番ステキナ見所は丘の上からの
サンライズ&サンセットがステキだそうだ・・・

クラック・デ・シュバリエ(2008,8/10)

●『ハマは居心地がいい♪』ので日帰り!~その1~

題名通りハマは居心地がいい♪のでハマを拠点に近場の遺跡を見に行った。
その1はクラック・デ・シュバリエ。

このちょっとカッコいい名前の遺跡は十字軍が中東に残した城の遺跡だ。
世界遺産にも登録されていて、旅人の間ではここもまた
ラピュタのモデルになったのでは?と噂されている。

ラピュタのモデルかどうかは別として十字軍が残した城の中では最も美しいらしい!
実際アラビアのロレンスも「世界で最も素晴らしい城」と言ったそうだ。

ハマの町からホムスまで乗合バスで40分、そこで乗換約1時間くらいで
クラック・デ・シュバリエに行けるんで日帰りで十分だ。

▼クラック・デ・シュバリエは山の上に立っている。
クラック01

▼城かの眺めら
クラック02

▼この辺がラピュタぽいかなぁ?
クラック03

▼この辺もかな?
クラック04

▼この辺はヨーロッパぽい!
クラック05

▼この辺も。
クラック06

▼50年くらい前まで人が住んでいたらしく保存状態はいい。
クラック07

▼シーズンなので夜にはイベントがあるみたいだ。僕達には邪魔だけど・・・
クラック09

▼さすが難攻不落の城!
クラック08

うぅ~ん、確かにラピュタっぽいかな?って気はする。
まぁラピュタかどうかは別として観光客も少なく
静かで雰囲気もありなかなか良かった♪

しかし、つい最近アレッポ城で感動していたので
それと比べると若干見劣りする気がした・・・。
先にクラック・デ・シュバリエを見た方が感動はすごかったんだろう。

ちなに帰りは大変・・・
ホムス行きの乗合バスはあまりは走っていし、夕方になるとなくなるので大変!
走っていても足元見て値段が高い!
乗り損ねると、山を降りて下の高速道路まで行かないと捕まえられない・・・・

ハマ(2008,8/9~13)

ハマの中心街に着くと

ぎぃぎぎぎぎぃぃ~、ぶおぅ~ん、ぶおぅ~ん

という音が聞こえてくる!

『これって、もしかして水車の音??』

ハマは水車の街だ!
町の中心の公園には20mほどの巨大な木製の水車が、
水しぶきを飛ばしながら、木と木がきしむ音をうならせて回っている。

しょせん、水車と期待していなかったがハマの水車は迫力がある!
市内の中心にありそれなりに騒音がある中でも水車の回る独特の音は響いている。

市内に16台の水車が残っているらしいが現在残っているものは
観光用に回されているそうだが以前は農業用の用水路に水を流す為に動いていたそうだ。

●写真:ハマの水車展
ハマ01

ハマ02

ハマ03

ハマ04

ハマ07

ハマ05

ハマ06

ハマ08


さて、ハマには水車の他にハマロールというスイーツが有名だ!
街のスイーツ屋ならどこでも売っているハマロール、
もちろんスイーツ大好きなナナはさっそくご購入♪
▼おいしそうに並んでいるハマロール♪
ハマ09

宿に帰り、紅茶なんかを入れたりして食べることにした。

お味の方は・・・

僕達が食べたハマロールがダメだったのかハマロールが
こんな味なのかは分からないが2回目はなかった・・・・
▼ハマロールよりおいしかったアボガドフルーツパフェ
ハマ10

噂には聞いていたがハマではおかきが買える!!
おかきもどきかと思っていたら、ホントにおかきだった!
なぜ中東のこの地でおかき文化が?
理由は分からないが日本のものと全く同じだった。
▼まさに日本の味!
ハマ11
ハマだけにかぎらずこの後レバノン・イスラエル・ヨルダンでも
おかきは街で手に入れることができた!!
なんで??



アレッポ(2008,8/6~9)

トルコの国境で一泊しシリア最初の街、アレッポに到着。

世界遺産の古代都市アレッポ

旧市街の真ん中にアレッポ城が立つ。
50mも高い巨大な丘の上に立ち、周りを深い堀に囲まれており
城には大きな石造りの橋を渡って入る。
何度か大きな地震で破損しているが現在の城は13世紀のものがベースになってるそうだ。

アレッポ城はかっこよすぎる!!

深い堀を周りにめぐらせ城に入るには石橋を渡るしかない!
今まで見てきた世界のお城の中でもインド・ジャイサルメールのお城に次ぐかっこよさだ!!
▼アレッポ城の外観。かっこよすぎる♪
アレッポ01

▼城内は残念だが地震などの被害にあい建物は崩れているものが目立つ
アレッポ02

▼でも、きれいに整備されているところもある
アレッポ03

アレッポ城の周りは5km弱の長さの城壁に囲まれ、7つの城門に守られている旧市街が広がる。
その中には世界最大と呼ばれているスーク(市場)やキャラバンサライ(隊商宿)がある。
そしてその周りに新市街が広がる。
▼アレッポ城からアレッポの街並み
アレッポ04

▼スーク
アレッポ05

街出会う人に日本人とわかると
『ガンバ、AFC』とよく言われた。
AFCアジアチャンピオンズリーグの決勝トーナメントでシリアのチームがガンバと
戦うためにガンバ大阪の事を知っている人が多かった。
で、お気に入りのアレッポ城を眺めてるとサッカーを一緒にやろうと
地元の子たちが誘ってくれた。
久しぶりにのサッカーだったが日本にいる時と比べ10kgほど痩せているせいか結構動けた!
▼動けたが灼熱の太陽が降り注ぐ中ではしんどかった・・・
アレッポ06

アレッポ石鹸ってご存じだろうか??
日本でも話題になったことがあるらしいが僕達は中東に来るまで知らなかった。
その名の通りアレッポがほんばらしいがオリーブと月桂樹のオイルを配合した石鹸だ。
街中に緑色のアレッポ石鹸が山積みされている。
アレッポ石鹸は星の数によりランク分けされていて星が多ければ多いほど高くなる。
しかし明確に星の基準なんかがあるわけではないみたいで自分の財布と相談して買えばいい。
僕達は5つ星の石鹸を買った。5つ星で1コ80円。
▼星別に山積みされている石鹸
アレッポ07

仲良くなった石鹸屋で日本人観光客用にカタカナでプレートを書いてあげると
なんと12星のアレッポ石鹸をもらった!!
12星って星付けすぎじゃないか??(笑)
▼高級アレッポ石鹸とあやしい石鹸屋のオヤジ
アレッポ08

日中暑いアレッポの街も日が落ちると少しだが過ごしやすくなる。
アレッポ最後の日にアレッポ城の夜景を見に行く。
ライトアップされたアレッポ城もやはりかっこいい♪
▼店じまい後のスークを抜けてお城へ。雰囲気あってイイ!
アレッポ10

▼ライトアップされたアレッポ城
アレッポ09

と、いう事で『アレッポ城かっこいいのでもう一泊延泊決定!』
そして翌日も飽きもせず炎天下の中アレッポ城を眺めに行った・・・

プロフィール

よ~じ&ナナ

Author:よ~じ&ナナ
2007年6月1日から
2009年9月17日まで
世界一周の旅に出ていました。

現在地 2015/08/29
日本・高松
転勤で四国に移動!
四国での生活を満喫中♪

旅した国◆67カ国
中国・ネパール
インド・UAE・トルコ
ギリシャ・イタリア
バチカン・スペイン・モロッコ
ポルトガル・フランス
ベルギー・オランダ・ドイツ
フィンランド・エストニア
ラトヴィア・リトアニア
ポーランド・チェコ
オーストリア・スロバキア
ハンガリー・スロベニア
クロアチア・モンテネグロ
ボスニアヘルチェゴビナ
セルビア・ブルガリア
マケドニア・グルジア
アルメニア・イラン
シリア・レバノン
ヨルダン・イスラエル
パレスチナ・エジプト
イエメン・エチオピア
ケニア・ウガンダ
ルワンダ・タンザニア
マラウィ・ザンビア
ナミビア・南アフリカ
アルゼンチン・チリ
ブラジル・パラグアイ
ボリビア・ペルー
エクアドル・コロンビア
パナマ・コスタリカ
ニカラグア・ホンジュラス
エルサルバドル・グアテマラ
メキシコ・キューバ・カナダ

カテゴリー
最近の記事
訪問者数
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近のコメント
FC2ブログランキング
ブログランキングに登録してます! 是非バーナーを、クリックしてください♪

FC2ブログランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。