スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アカバーヌエバ(2008,8/28~29)

イスラエルと同じくフミエさん・カズマ君とともにエジプトを目指す

ヨルダン・アカバからエジプト・ヌエバには紅海を渡るフェリーがある
このフェリーの情報をいろいろ集めていたのだが、
朝イチに出航したとか、昼に乗って船が出たのは夜中だったとか、
挙句の果てには出航まで3日かかったとか・・・

いろいろ情報を集めた結果
出航時間というのが決まってなく、出港できる時に船が出る!
という事になった。

とりあえず早朝ペトラから移動し9時にヌエバの港に着いた。
そこからが・・・
『今日はファーストボートは出ない、フェリーだけだ!』

で、フェリーのチケットを買いに行くと
『フェリーのチケットは、ここでは売っていない!』

で、違うカウンターに行くと
『チケットは12時から発売だ!』

で、12時に行くと
『今日は、フェリーは出ない』

で、他の人に聞くと
『あっちでは売っている』

で、あっちに行くと
『こっちでは売っていない』

最後にブチギレて
『どこで買えるんじゃ~!!!』
と叫ぶとフェリーチケットGET!

その後も大変、乗り場にはエジプシャン達がわんさか溢れかえっている。
定員無視でチケットを売ってるみたい・・・・
▼難民船に乗り込む前みたい
ヌエバ01

こんな人ゴミの中で待っていたら絶対乗れないと思っていると
白人の観光客の集団が柵の向こうで乗船し始めている!!
ここは外人パワーを行使しJAPANパスポートを振りかざして
エジプシャンをかき分け白人集団に合流!!
▼ゲートを突破できたエジプシャン達も一緒に乗船
ヌエバ02

エジプシャン達は柵の向こうで恨めしそうに僕達を見る。
心が痛いがそんな事はこの状況では言ってられない。
警察官たちは柵に群がるエジプシャン達を容赦なくムチでしばき回している・・・
柵の向こうとこっちでは本当に地獄と天国

一番乗りに近い状態で乗船しラウンジ席に落ち着く。
定員以上にチケットを販売しているのは明らかで一等のラウンジと言えでも席は無く
後から来たエジプシャン達は床に座ったり寝転がったり・・・・
14時に船に乗り込んだが船が出港したのは16時半!
▼トランプなんかして時間をつぶす
ヌエバ03

▼さよならヨルダン
ヌエバ04

沈むことなく20時頃にヌエバに着くが、下船できない!!
船が港に着いているのに降ろしてもらえない!
理由をきくとヌエバの町で事件があって警察官がそっちに行っているので
入国手続きをする警官がいないためだと・・・

最初はおとなしかった乗客のエジプシャン達もだんだんキレ始める!
3時間ほどの監禁後、軽い暴動になりかけ23時に下船できた。

そこから4人で箱バンをチャーターして深夜1:30に
バックパッカーパラダイスと称されるダハブに到着!

久しぶりに肉体・精神ともに苦しめられた移動だった。

※ヨルダン・エジプトの海路での国境越え
ヌエバ-アカバ間はファーストボート・フェリー共に料金は同じ
ファーストボートの方が早いのは確かだが出航時間が決まっていないため
とりあえず着た船に乗る事しかできない。
スポンサーサイト

ペトラ(2008.8/27~29)

たんたらぁたぁ~ん・たんったらぁ~♪
たんたらた~ん・たんたらぁ~♪

インディ―ジョーンズⅢ・最後の聖戦で登場するペトラ遺跡。
まちがいなく中東最大の見所となっている。

観光前日の夕食後には宿でインディ―ジョーンズの上映会もあり
予習も完璧、テンションあがりまくりでペトラ遺跡に向かった!
ペトラ01

●シーク
遺跡の入口から1.5km続く長い天然の岩の回廊。
くねくねした細い絶壁の間を歩いているうちにさらにテンションが上がってくる。
▼冒険心をくすぐる道
ペトラ02

●エル・ハズネ
ペトラの憎い所はこの演出にあると思う!
シークを30分ほど歩くとその先にちらっとエルズハネの姿が見えてくる♪
▼この演出は素晴らしい♪
ペトラ03

これがインディージョーンズに使われた遺跡だ!
映画の中ではこの中に聖杯が納められていた。
▼どかぁ~~ん♪
ペトラ04

▼映画の中ではこの神殿奥深かったが実際は奥行きはない
ペトラ05

期待通りのペトラ、あぁ~来てよかった♪
映画みたいにエル・ハズネの中が奥まであれば
もっとテンションが上がったんだが実際は3,4つの部屋があるだけだった。

●王家の墓
ペトラ遺跡の見所はエル・ハズネだけではない。
さらに奥に遺跡は続き王家の墓と呼ばれている墳墓群がある。
ここには岩をくりぬいて作られた墓が4つ並んでいる。
▼かなりの大きさ
ペトラ06

▼こんなのが4つ並んでいる。
ペトラ07

●祭壇跡他
王家の墓の麓は開けていてこの辺りが
古代ペトラ中心となっており寺院跡がある、回りには柱廊や
凱旋門もあるがペトラ遺跡の見所としてはイマイチ。
▼祭壇跡、現在も発掘調査が行われていた。
ペトラ08

●エド・ディル
凱旋門を過ぎ、奥へ続く道がある少し険しい岩の回廊を1時間ほど登ると
エル・ハスネと並ぶペトラもう1つの見所エド・ディルに着く
▼大きさではエル・ハズネよりも大きい
ペトラ09

▼でも、周りの雰囲気とかではエル・ハズネのほうがいいかな?
ペトラ10

●岩の模様
ペトラ遺跡のイメージカラーは赤色だが、遺跡や、岩の回廊なんかを歩いていると
自然が作り出したとは思えないほどきれいなマーブル模様の岩を見ることができる。
▼住居跡
ペトラ11

▼住居の窓
ペトラ12

▼遺跡の柱
ペトラ14

▼岩の回廊で
ペトラ13

ペトラは人が作り上げた遺跡のすごさも感動だが、
それと同じく自然が作り上げたすごさに感動した♪


アンマン~その2~(2008,8/26~27)

再びヨルダンの首都アンマンに到着。
することがないので一泊でペトラに移動。

●中東の有名人に出会う
ヨルダンのホテルで働いているサーメルというパレスチナ人のおっちゃんがいる。
バックパッカーの間では日本人に親切な事と、ネスカフェコーヒーを入れてくれる事で有名。
イラクに行った幸田さんが最後に泊まったホテルで働いていて、
幸田さんを止めれなかったことを悔んでコーダホテル(マンスールホテル)
というのを作ったことでも有名。

このサーメルだが僕達が訪れた頃は働いていたコーダホテルの
オーナーと揉め他のホテルに移ったやら、イラクに出稼ぎに行ったやらと
いろんな噂がたち居場所が分からないことになっていた。

僕達はサーメルにはたいして興味なかったので別にサーメルの居場所を
追っかけてはなかったが何故かアンマンの定食屋で会いご飯を奢ってもらった。

お礼にネスカフェをプレゼントした。
そして、ネスカフェのコーヒーを入れてもらった。
▼一応有名人なので一緒に記念撮影
アンマン0202

サーメルと話をしたのは長くなかったので僕達には普通のおっちゃんて感じだった。
それでもサーメル人気は凄いらしくあっちこっちでサーメルに居所を聞かれたり
情報ノートにもサーメルの現在の居場所はここだ的な書き込みもその後よく見かけた。


●フセイン探し
前回アンマン滞在中の散歩途中で古札を路上で販売してるのを見かけた。
その話をするとフミエさんカズマ君も興味を持ったらしく4人で出かけた。
お目当てはフセイン札だ!
フセイン札は今は亡きフセイン大統領がプリントされているイラクの旧紙幣だ。

で目当ての露天に行くと大量のフセイン札があったが全部偽札だった・・・
オヤジに聞くと本物は別にあると言ってとなりに止めて車のトランクから
ファイルを持ってきて見せてくれた。
その中にはフセイン札だけではなく世界各国の古札が大量に納められていた。

親父は大量に持っているが価値についてはよく分からないらしく、
100年くらい前のなら150円くらい、
50年くらい前のものまでは100円くらいで販売していた。
▼お札選び中  写真:カズマ君提供
アンマン0201

僕はフセイン札・北朝鮮札・旧日本軍の軍票?なんかを買った。
フミエさん・カズマ君達もフセイン札や100年ほど前のロシアの札なんかを買っていた。
▼これが買ったお札達
アンマン0203

●オリンピック
北京オリンピック開催中!
日本は盛り上がってるんだろうなぁ~。
みんな思ってるとは思うんだが、日本のTVて過剰に盛り上げすげではないんだろうか・・・

さて、ここ中東はオリンピックに対して全然盛り上がってません。
中東の国々から出場してる選手が少ないせいかもしれないけど、
TVで特集番組もほとんどなく中継なんてのもほとんど行われてません!
見ることができるのは海外のケーブルテレビでの中継のみ!
フランスのケーブルTVを見てる時にフランスの有力選手が水泳・平泳ぎに登場。
もちろんフランス人選手のアップばっかりの中後ろに金メダルに輝いた北島の姿が!!

中東で普通に見れるオリンピックといえばボクシングとサッカーくらいです!
野球なんて・・・まぁ、見なくて良かった結果みたいだったけど。

●アンマン(サルト)~その1~(2008,8/17~20)

ヨルダンの首都アンマン。

見所・・・・

僕達の興味を引くものはない。
イスラエルに行くための経由地程度だ。

すぐにイスラエルに行ってもいいんだが、面倒なイスラエル行き
2人で行くより、大勢で行きたいと思っているところに
アレッポ・ハマで会ったフミエさんが同じ宿にやって来た。

フミエさんもイスラエルに行くって言うし、
アルメニアで出会い同じくアレッポ・ハマで再会をした
カズマ君も翌日来るっていうんで、4人でイスラエルに行くことにした♪

さて何をしようかダマスカス・・・
ちょうどこの頃は北京オリンピック開催中!
宿でオリンピック観戦もいいんだが、ここは中東、
日本じゃないんで日本選手が出てるのがあまり放送されていない・・・

ガイドブックを見ても行きたいところがない。
数ページめくると郊外にサルトという町があった。

見出しに、世界遺産登録まじか!!

日本も政府系の銀行が観光開発事業として融資をして
オスマン・トルコ時代の旧都の下町を蘇らせる
プロジェクトが行われてると書いてあった。

写真で見ると山肌に山吹家々が広がっていてキレイだった。
日帰りで行くのにいい場所だったんで行ってみることにした。

バスに乗って1時間ほどでサルトに到着。
▼うぅ~ん・・・、イマイチ黄色くない
アンマン01

山間にたたずも去るとの町は確かに雰囲気はいいが
写真で見てたのと印象が違う、写真マジックか・・・
▼街の雰囲気いい♪
アンマン02

▼観光客はいなかった
アンマン03

▼たしかに国際銀行の看板が
アンマン04

黄色くなくても雰囲気のいい感じのいい街だが、世界遺産に登録は・・・

翌日、カズマ君も無事アンマンの宿に到着した。
フミエさん、カズマ君と4人でイスラエルを目指すことになった。


プロフィール

よ~じ&ナナ

Author:よ~じ&ナナ
2007年6月1日から
2009年9月17日まで
世界一周の旅に出ていました。

現在地 2015/08/29
日本・高松
転勤で四国に移動!
四国での生活を満喫中♪

旅した国◆67カ国
中国・ネパール
インド・UAE・トルコ
ギリシャ・イタリア
バチカン・スペイン・モロッコ
ポルトガル・フランス
ベルギー・オランダ・ドイツ
フィンランド・エストニア
ラトヴィア・リトアニア
ポーランド・チェコ
オーストリア・スロバキア
ハンガリー・スロベニア
クロアチア・モンテネグロ
ボスニアヘルチェゴビナ
セルビア・ブルガリア
マケドニア・グルジア
アルメニア・イラン
シリア・レバノン
ヨルダン・イスラエル
パレスチナ・エジプト
イエメン・エチオピア
ケニア・ウガンダ
ルワンダ・タンザニア
マラウィ・ザンビア
ナミビア・南アフリカ
アルゼンチン・チリ
ブラジル・パラグアイ
ボリビア・ペルー
エクアドル・コロンビア
パナマ・コスタリカ
ニカラグア・ホンジュラス
エルサルバドル・グアテマラ
メキシコ・キューバ・カナダ

カテゴリー
最近の記事
訪問者数
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近のコメント
FC2ブログランキング
ブログランキングに登録してます! 是非バーナーを、クリックしてください♪

FC2ブログランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。