スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンパラ(2008,11/2611~28)

ウガンダの首都カンパラ。
ジンジャーからカンパラへは宿からシャトルバスが出ている。
日本の中古の幼稚園バスだったので楽々移動♪

カンパラは特にすることがない・・・
どうやら僕達の泊まっている所が境界線みたいで街の中心の方は
それなりに発展しているが、宿の裏側はスラムだ。
▼カンパラ市内
カンパラ001

▼宿の裏のスラム
カンパラ002

街中を歩いてみるが興味をそそるものがないと思ってると
急に黒い大きな影が影が通り過ぎて行く!
なんと街中なのに普通にハゲコウが飛んでいた・・・
やはりアフリカなんだなぁ~と実感する。
▼羽を伸ばすと1m以上もある巨大な鳥
カンパラ003

ケニアで散髪してもらったお礼にケン君にご飯をご馳走するために中華料理を食べに行く。
JAICAの人達もよく使うそうだが日本で食べるより安いが
こっちでは高級店なので地元の人間はいない。味はまあまあといった感じだった。
▼炒飯・ヤキソバ・麻婆豆腐
カンパラ004

●世界最悪の世界遺産訪問
する事がない・・・。
そういえば郊外に世界遺産のカスビドームというのがある。
入場料も2ドルほどなんで行ってみた、バスを乗り継いでたどり着いたカスビドーム。
回りは畑で丘の上にちょこんと藁ぶきのドームがたっている。
まったく期待できない感じの遺跡だが、入場料が10ドルに値上がりしている・・・・。
ウガンダで10ドルって恐ろしく高い!
普段なら絶対に入らないが、暇すぎたし、ここまでわざわざ来たし、
と少し意地になってチケットを買ってしまう。
居一緒に来たけん君は一瞬止めようとしてくれたらしいが、
僕がチケットを買ったんで付き合って一緒に入場してくれた。

カスビドームとは木、レンガ、ヨシなどで造営された茅葺屋根で作られたお墓で
19世紀後半以降のブガンダ王国の歴代国王4人が葬られているのだが、これが最悪だった。
▼これがカスビドーム
カンパラ005

歴史的背景なんかは全く分からないが、これが世界遺産なら僕の住んでいる
奈良の神社はすべて世界遺産にしてもいいと思えるくらい最悪のものだった。
▼ドーム内部だが、これだけ・・・
カンパラ006

しかもこれで1,000円近くも入場料を取るって・・・。

日本もそうだが、何でも世界遺産に申請するばいいてもんじゃない!!
ていうか世界遺産って冠がついたからってありがたがって観光する
僕らもアホだと痛感させられた。けん君ゴメン・・・。


こんな感じのウガンダ・カンパラで、
ケニアのカズマ君マイちゃんに続き、けん君ともお別れだ。
けん君はここからエジプトに戻りヨーロッパに行く。

と、いう事でここからは僕達と修造さんと3人で南アフリカを目指す!
まずは、お隣ルワンダへ移動
ルワンダへは『ホテル・ルワンダ』を見て予習済みだ。
でもホテルルワンダってツチ族とフツ族の内戦を描いたもので
かなり恐ろしいものだったんだが・・・



スポンサーサイト

ジンジャー(2008,11/23~26)

●アフリカの自然と戯れよう!
サファリでアフリカの動物達を堪能し、
次はアフリカの自然と戯れようという事でウガンダ・ジンジャーに向った。

ジンジャーは、ビクトリア湖に面した街だ。
ビクトリア湖から一本の川が流れ出ている。
その川はエチオピア・スーダンを抜け、世界最長の川となりエジプトまで流れている。
もうお分かりだと思うがジンジャーはナイル川の源流ナイルソースと呼ばれている場所だ。
▼ナイルソースへの標識
ジンジャー001

▼この辺りがビクトリア湖とナイル川の境目
ジンジャー002

さて、アフリカの自然と戯れよう企画は
このナイルソースでラフティングをしようという事だ!

アフリカ大陸ではここナイルソースとビクトリアフォールズでのラフティングが有名みたいで、
僕達の泊まった宿もラフティングやカヤックなどをするための宿だった。

宿の受付でさっそく申し込む。
ケン君は日本でしたことがあるという経験者だが、僕達と修三さんは初心者で、
いいお値段もすることだし、レベル4の半日ツアーを申し込むことにした。

すると受付のお兄ちゃんに
『せっかくナイルソースに来たんだからレベル5の1日ツアーのほうが絶対いい!
 レベル4の川なんてここじゃなくても体験できるよ!!』

と言われ、それもそうだ!せっかく来たんだから、アフリカの大地を堪能するにはレベル5だよね~♪
とのせられてレベル5のコースを申し込んでしまった。
ちなみに泳げないナナもこの時はその場の雰囲気で乗り気だったが、
これが翌日の悲劇の始まりだった・・・・


さて翌朝、ツアーには朝食がついているのツアー紹介のビデオを見ながご飯を食べる。
4人でビデオを見ながら
『一回くらいは転覆しないと面白くないよね~♪』なんて、この時はのんきな事をいっていた。

朝食が終わり南ア出身の白人女性ガイドに簡単なレクチャーを受ける。
楽しいツアーのはずなんだが、このガイドの威圧的な雰囲気で
どこかの軍隊のサバイバルキャンプに参加しているみたいになった。
もちろんあだ名は鬼軍曹となった。

鬼軍曹からの諸注意が言い渡される。
流れの強さで体が傷つくので、ピアスを含め時計など身につけているものは全て外す事!
その他は簡単な号令なんかを教えてもらうが、陸上でのレクチャーなのでイマイチピンとこない・・・
ヘルメットとライフジャケットを装備しナイルソースに向う!
▼この時はかなりご機嫌♪
ジンジャー005

▼トラックに乗込み移動
ジンジャー006

本日の部隊構成は僕達4人と同盟国アメリカ人3人の合計7人の編成だ。
説明もそこそこに、ボートは出発!
僕達のボートの他に救助用のカヤック3隻と
救助用の母船的なラフティングボート1隻がサポートにつく。

残念な事にラフティング中の写真は無い・・・
後で思ったのだがこの頑張り具合はお金をケチらずビデオ撮影していてもらえば・・・

ボートの上で簡単の漕ぎ方、号令の再確認をして最初のポイントに着く。
って、練習も無しでいきなりレベル5の激流・・・

もちろんボートは無残な事になり、全員ナイル川に投げ出される。

嘗めていた、川の力を・・・
僕達4人はエジプト・ダハブで1ヵ月を過したアドバンスダイバーだなんて
自惚れていたが、ナイル川は紅海のようにやさしくなかった。

川の中では上下がわからない。
流れの強さで上下グルグル回り、いつ水面に出れるかわからない。
顔が水面から出るのを、ひたすら耐えて息を我慢しないといけない。
しかも、水深が浅い場所もあるので体を小さくして、
団子状態になっていないと川底の岩で強打する可能性がある。

水面に顔がでてやっと息ができ、水をかぶらないように下流のほうに顔を向けるが
ナイル川は甘くなかった下流からすごい勢いの波がやってきて再び飲み込まれる・・・

自分史上、死に一番近くなったのが、このラフティングでの転覆だ。
泳ぎが得意な僕ですらこの状況なのだから、泳げないナナは・・・
顔面蒼白でパニックになった状態で僕の横を流されていっった。
旦那としては何とか嫁を助けたいが自分も流されている為無力だった、ゴメン・・・

カヤックに救助されラフティングボートに戻るが、とんでもないツアーに申し込んでしまった。

外務省は危険情報を出しておいてほしい!(笑)
間違いなくアディスアベバやナイロビの街より危険レベルは上だろう
隣りでナナは震え上がり、修三さんも震えている、ケン君はまだ余裕があるみたいだ若さかな・・・

少し穏やかな場所でパイナップル・クッキー・ジュースが鬼軍曹から隊員に振舞われる。
1日ツアーのため栄養を補給しとけということなのか??
しかし、先ほどの転覆でお腹いっぱいにナイル川の水を飲んでいたため何もお腹に入らない。

その後ボートはレベル4のポイントをいくつか越え再びレベル5のポイントに、
ポイント名50:50(フィフティー・フィフティー)って成功率50%かよっ!!
文句と悲鳴を上げながらも、何とクリアーしちゃった!これで少しは成功率を上げることが出来たか?

そして最後のポイントに到着。
申し込んだ時に、お兄ちゃんが
『このコースの最後は150mの激流が続いて、最高にエキサイティングだぜ』
と言っていたのを思い出す・・・

明らかに今までと川の流れの音が違う!!
間にレベル6のポイントを挟んでいるので迂回する為に
一度陸上に上がりボートを担いで途中から川に入る。

ナナは屁たれと言われてもいいからリタイヤすると言う。
修三さんも出来ればリタイヤしたいと言いながら足ががくがくに震えている。
もちろん鬼軍曹はそんな申し出を受け付けるそぶりもなく全員で向う事になるのだが。

丘の上から激流を見るが、いままでのレベル5とは全然違う。
台風のときの海のようだ。川なのに2mくらいの波がたっている。
サポートするスタッフたちの雰囲気も明らかに違う。

ウオッシングマシーンと鬼軍曹は言う。
『転覆したら岸を目掛けてすぐに泳ぎなさい!!』
クリアーする見込みはまったくないわけですね・・・

そして、ラフティングボートはナイル川に突入するが、一筋の光も見えないまま瞬殺!!
あ~、半日前に自分史上で死に一番近くに感じたのに、半日であっさり更新・・・
ここは別世界波の力に抑え込まれる感じで上下振り回される。
幸運と言っていいのかナイル川は僕をおきに召さなかったのか
強力な流れの力で水面に放り出される。

川岸を見るとナナとケン君が木に掴まっていた。
よかったわが嫁は無事だった♪
修三さんの姿は見えない・・・南無阿弥陀仏
と自分も早く岸に行かないと、僕の横を鬼軍曹が流れていく。
百戦錬磨の鬼軍曹ですら、犯された後のような表情になっていた・・・
何とか鬼軍曹と一緒に岸の木に掴まり陸に上がる。

こうしてラフティングツアーは終わった。
帰りにリゾートっぽいナイル川を一望できる場所での食事がついていた。
ビールも無料で飲めたが、ナイル川の水を十二分に飲んでいたため、
まったくおいしくなかった。
▼写真の切れている左奥にレベル5のポイントが・・・
ジンジャー003

宿に帰りケン君はナイル特急に襲われトイレにこもる。
ナナは寝込む、修三さんも寝込む、もちろん僕も寝込み、翌日の移動は延期となった。
アフリカの自然と十分に戯れることができた・・・
▼ラフティング恐怖症となったナナ
ジンジャー007


プロフィール

よ~じ&ナナ

Author:よ~じ&ナナ
2007年6月1日から
2009年9月17日まで
世界一周の旅に出ていました。

現在地 2015/08/29
日本・高松
転勤で四国に移動!
四国での生活を満喫中♪

旅した国◆67カ国
中国・ネパール
インド・UAE・トルコ
ギリシャ・イタリア
バチカン・スペイン・モロッコ
ポルトガル・フランス
ベルギー・オランダ・ドイツ
フィンランド・エストニア
ラトヴィア・リトアニア
ポーランド・チェコ
オーストリア・スロバキア
ハンガリー・スロベニア
クロアチア・モンテネグロ
ボスニアヘルチェゴビナ
セルビア・ブルガリア
マケドニア・グルジア
アルメニア・イラン
シリア・レバノン
ヨルダン・イスラエル
パレスチナ・エジプト
イエメン・エチオピア
ケニア・ウガンダ
ルワンダ・タンザニア
マラウィ・ザンビア
ナミビア・南アフリカ
アルゼンチン・チリ
ブラジル・パラグアイ
ボリビア・ペルー
エクアドル・コロンビア
パナマ・コスタリカ
ニカラグア・ホンジュラス
エルサルバドル・グアテマラ
メキシコ・キューバ・カナダ

カテゴリー
最近の記事
訪問者数
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近のコメント
FC2ブログランキング
ブログランキングに登録してます! 是非バーナーを、クリックしてください♪

FC2ブログランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。