スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケープタウン◆その6(2009,1/2~11)

●さらばアフリカ大陸
気力体力十分!!さぁー、南米に行くぞ!!!
で、南アフリカから南米へはブラジルとアルゼンチンに飛行機が飛んでいる。
ブラジルに行くにはビザが必要で色々面倒だということでアルゼンチンに向かうことにした。

南アフリカからアルゼンチンへのフライトは往復か第三国への航空券が必要だ。
なので第3国への出国チケットを持っていないと、片道だけのチケットはなかなか売ってもらえない。
僕達は明日の予定すら決まっていないバックパッカーで、
第3国へのチケットなんてもちろん持っていない、っていうかバスでブラジル行くつもりだし・・・。

ダメもとで航空会社に行ってみたがで門前払いされた、
しかし、いくつかの代理店に聞いて回りなんとか手に入れることができた。

だが、片道チケットを手に入れれたからといって喜んではいられない!
空港のチェックイン時に往路の航空券の提示を求められることがある。
片道チケットのみでトライすると最悪は空港でバカ高い復路のチケットを
定価で買わされたりするそうだ。

対策としては、一番安い第3国のチケットを購入する。
例えばウルグアイ行きチケットを保険代わりに購入したりする。
一番安いといっても150ドル/1人はする。
二人で300ドル・・・。
悩んだ挙句、僕達は大きな声では言えないが
フェイクのウルグアイ行のチケットをPCで作ってしまった・・・。

空港では噂通り搭乗客がカウンターでPCを起動させ往路のeチケットなどを提示していたが、
僕達は隠しても隠しきれないセレブな匂いのためか復路チケットの提示は求められなかった。
実はフェイクのチケットの完成度が高かったので是非チェックしてほしかったんだが・・・。

何はともあれ無事にアルゼンチン行きの飛行機に乗ることができた♪
▼きれいなケープタウンの空港
ケープ0502

アルゼンチンへはマレーシア航空を利用したのだが、これが快適♪
座席ピッチは広いし、スッチーも可愛いし、機内食もおいしい、アイスクリームも付いてくる。
さらに日本路線も持っているためか、日本語字幕の映画もあり
飛行機の中で2,3泊したいくらいだった♪
▼僕達を次の南米大陸に運んでくれるマレーシア航空
ケープ0503

▼おいしかった機内食♪
ケープ0504


あっ、忘れてたけどグルジアで出会いエジプトで再会し
4ヶ月弱も一緒に旅をしてきた修三さんとお別れ
修三さんは、この後西アフリカを回る予定だったが奇病にかかったりして
肉体・精神的に疲れ日本に帰国することになった。
当初、『耐えてアフリカ!』をテーマにアフリカを旅していたが

『アフリカに負けました・・・。』

この言葉が、僕が覚えている修三さんが言った最後の言葉だった。
▼ありがとう、そしてさようなら、修三さん・・・。   写真:修三さん提供
ケープ0501


スポンサーサイト

ケープタウン◆その5(2009,1/2~11)

●実はアフリカ最南端ではない喜望峰へ!◆後半戦

車と自転車が行けるのは喜望峰とケープポイントが二股に割れている手前までだ。
なぜか喜望峰よりケープポイントの方が観光客には人気だ。
ケープポイントの方が整備されているケーブルカーもあるし、灯台や土産物屋なんかもある。
一方の喜望峰には何もない、本当に何もない感じだ。
▼とりあえずケープポイントで記念撮影
ケープ0508

人気のケープポイントにまずは行ってみた。
▼ケープポイントの灯台
ケープ0502

▼ケープポイントから見た喜望峰。手前はインド洋で奥は大西洋になる!
ケープ0503

▼ここが船の難所!喜望峰!    修三さん提供


勘のいい方ならもうわかったでしょう?
今回の題名の『実はアフリカ最南端ではない喜望峰へ!』という謎が!!
そうです。ケープポイントが本当のアフリカ最南端!!!




















では、ありません・・・・。




わぁ~い♪ひっかかった、ひっかかった~♪
えっ?ケープポイント?何の冠もないただの岬ですよぉ~。

そんなことはさておき、喜望峰はどうしようか?
すでに体中の筋肉が悲鳴をあげてるんだが、喜望峰に行くには歩いていかないとダメみたいだ・・・。
▼喜望峰への案内の看板
ケープ0504


うぅ・・・・。1時間半かぁ・・・。
一瞬みんな看板を見て言葉をうしなったが。
もう喜望峰に行きたいなんて全然思ってないと思うが、
ここまできたらアフリカ大陸を下ってきた義務として行くしかない。
ということで1時間半歩いたさ!あー、歩いたさ!
▼途中で見つけたカラフルトカゲ
ケープ0505

エジプトをでてイエメン経由でエチオピアに入り2ヶ月半!
辛かったアフリカ、やっとの思いで南アフリカに着き、もうしんどいことは嫌と思いながらも
テーブルマウンテンに登り、喜望峰目指し自転車こいで、ついに到着!!
▼喜望峰の崖っぷちにて。バンザーイ♪
ケープ0506

もういいだろこれだけ頑張ったんだから!
いやぁ~、だれかとちこれまで何度も自分で自分を褒めてきたが、今回も自分で自分を褒めたい!
『さぁー!居心地のいい宿めざして帰ろう♪』
しかし、僕の掛け声に誰も反応してくれない・・・。

3人は、僕達が立っている崖の下30mにある喜望峰の看板が気になるらしい!
もう義務は果たしたんでいいだろ??
3時間半も自転車こいで1時間半トレッキングして喜望峰につき
このうえ30mの崖下らないといけないなんて、しかも帰りもあるんだぞ!!

『崖下に降りるんて嫌だ、嫌だ、いやだぁーーー!!』

ここは声を大にして行きたくないって言ったが、多数決で3:1で負け崖を下ることになった。
▼後ろで見きれている崖の上から下りてきて記念撮影、もちろん笑顔なのだ。
ケープ0507

さて、今度こそホント!
皆さん上の写真の看板の文字ををよく見てください!
見えるかなぁ~??

老眼のブログファンの方の為に
CAPE OF GOOD HOPE
THE MOST SOUTH-WESTAN POINT
OF THE AFRICAN CONTINENT

と書いてあります。

大学院までいったのに英語が訳せなかった我が弟の為に、
喜望峰
アフリカ大陸最南西端

と書いてあるんだよ。

ということで喜望峰はアフリカ大陸最南西端という中途半端な端っこで、
最南端は東へ150km離れたところにある、アガラス岬だそうだ。

記念撮影を撮り終え、崖を登り1時間半再びトレッキングを楽しみ
ケープポイントに戻り自転車にまたがった。
行きはよいよい帰りは・・・。
でも、弱音なんてはいてる暇はない。
サイモンズタウンからケープタウンに戻る最終電車に間に合わない!!

行きより必死こごうとするが残念なことに気持と体は反比例・・・。
最後は自転車がこげなくなり押してサイモンズタウンを目指した。
ヒロ君以外はアラサー(帰国して覚えた言葉)だ。
アラサー三人組は体力も気力も限界だったがヒロ君の若さに助けられ
なんとか終電出発5分前にサイモンズタウンの駅に着きケープタウンに戻る事ができた。

行きの日記は1分ほどで読めるよう内容だったが、行きより帰りの方が疲れたので
読んで頂いている人にも同じように疲労を味わってもらおうと長めに書いてみました。
ちなみに、帰りは4時間弱かかった。


ケープタウン◆その4(2009,1/2~11)

●実はアフリカ最南端ではない喜望峰へ!◆前半戦

先日喜望峰へ行けなかった理由はレンタルのマウンテンバイクが
借りられていて喜望峰へ行く足がなかったというのが理由だった・・・。
ないものは仕方がないので、翌日に予約を入れて出直した。

今回のメンバーは僕とナナ、修三さん、それとタンザニアで出会い
ビクトリアフォールズで再会予定が出会えずケープタウンで再開したヒロ君の4人だ。

ここで重大発表!
みんなには言ってなかったけど
『僕は、自転車ではなく車で喜望峰に行きたかった!』 
アフリカ大陸を下ってきて最後に自転車で喜望峰を目指す!っていうのはわかるし
なんだか最後にやった感はるだろうが、やっぱりしんどいのはイヤなんだよー。

と言いながらも『ブログのネタになる』と自分で自分を
説得し、みんなで自転車で喜望峰を目指したのだ。

喜望峰への道は辛い距離だけでも40km弱はあるだろう、
そのうえ高低差が約200mでアップダウンも結構ある。
しかも風が強くて前に進みにくいし、天気も安定していない!
特別な理由や相当なMな人以外は迷わず車で行くことをオススメする。

そして情報通り、自転車をこぎ始めて10分・・・。
噂には聞いていたが晴天から雨になった。
喜望峰の辺りは天気が安定してない
20分ほど雨の中を漕ぎ続けてると晴れてきた・・・。
▼雨上がりの中 写真提供:修三さん
ケープ0301

▼横にそびえる崖の裏に国立公園の入口がある。 写真提供:修三さん
ケープ0302

一番急な坂を登りきったところに国立公園の入口がありると着いたと思ったが・・・。
▼ケープタウンの文字はなく代わりに・・・
ケープ0303

CAPE POINTの文字が?
なんで??
実は、半島の先が二股に割れていて、片方がケープポイントもう片方が喜望峰なのだ。
なので、CAPE POINTの矢印の方に国立公園の入口に到着した♪
▼やっと着いたと思ったのだが・・・
ケープ0304

入口で入園料を払う。
自転車だからって割引きもなく、普通に自動車と並び自動車と同じ金額を払い入園する。
で、喜望峰はどこだ??

しかし、喜望峰らしきものは見えない。
それどころか、海すら見えなく見えなくなった。
▼海は、どこじゃーー!! 喜望峰はどこじゃー!!
ケープ0305

▼カメ発見!!海は近いのか??多分、陸ガメなんだけど・・・。
ケープ0307

いくつかのアップダウンを超えると遥か彼方に喜望峰らしものが見えた。
▼確かに、喜望峰は見てきたが遠い、とーーーすぎる!!
ケープ0306

と、皆さんこうやってブログに書くと、1分ほどで読めると思う、
写真しか見てない人なら15秒くらいかな?
でも、僕達は行だけで自転車を2時間半こいだ。

だから、なんだって??
だから、そういうことです・・・。

ケープタウン◆その3(2009,1/2~11)

●ケープペンギンと戯れるの巻
喜望峰を目指してケープタウンから南へ列車に乗り
1時間ほどの終点のサイモンズタウンに出かけた。
この辺りの海はとてもキレイで青く澄んでいるが、南極から流れてくる寒流なのでかなり冷たい!
▼先に見える山の向こうに喜望峰がある
ケープ0301

喜望峰にいく予定ったが諸事情で喜望峰には行くことができなくなり、
サイモンズタウンにあるボルダーズビーチにいった。

さっきも書いたがは寒流が流れているので
ボルダーズビーチにはなんとペンギンがいるのだ!

サイモンズタウンの町中を30分ところにボルダーズビーチはある。
▼周りは普通の住宅地
ケープ0302

公園の入口で入園料をビーチにいくとペンギンとご対面!!
▼青い海とペンギン達
ケープ0303

▼コロニーで卵を温めてるペンギン達
ケープ0311

▼泳いできたペンギン達
ケープ0304

▼ペンギンのカップル
ケープ0305

ビーチは二つに分かれていて北側のビーチからは歩道からしか
ペンギンを見ることができないが北側のビーチはなんとペンギンと一緒に泳げるのだ!
▼泳げるけど寒流なんで水の中はかなり寒い!
ケープ0307

▼写真を撮ってると岩の間からペンギンが現れた!
ケープ0306

南側のビーチではペンギンとじかに触れ合えるが、南のビーチ公園外の
岩場にもたくさんペンギンがいてここでもペンギンと触れ合える!
▼こんな感じでペンギンに囲んでもらえる
ケープ0308

▼日向ぼっこ中のペンギン
ケープ0309

この岩場にいるペンギンは好奇心の旺盛なのか靴をつついてくる。
しかも、なんとここのペンギン飛ぶのだ!!
▼衝撃写真!飛ぶペンギン!!
ケープ0310

結局ペンギンのかわいさに朝から夕方まで昼ご飯も食べずにペンギンと戯れていた♪
▼帰りに見つけた道路標識『ペンギン注意!』
ケープ0312


ケープタウン◆その2(2009,1/2~11)

●テーブルマウンテン

ケープタウンのシンボルと言えばテーブルマウンテンだ
ケープタウンの街の背に垂直に切り立った崖が特徴の山がそびえたっている。
▼街中から見たテーブルマウンテン
ケープ0200

標高1086mのテーブルマウンテンにはケーブルカーが頂上まで乗っていくことができるのだが・・・。

今回もやめときゃいいのに、またやっちゃいました・・・。
お金の節約ってのもあるんですが、やっぱり苦労しないと感動や記憶に
残る思い出っていうものは獲れないと思いまたやってしまいました、テーブルマウンテン登山!!
ケープタウンの街からた登山口まで1時間の登りだがこれだけでも疲れた。
▼ケーブル乗場と登山口は同じなんだが・・・。
ケープ0201

▼しんどいのは嫌と言いながら登山口へ
ケープ0202

テーブルマウンテンにはいくつかの登山ルートがあり1h~3hほどで登れる。
僕達は今回最短の1hで登れる最短ルートを選んだ。
1hで登れるが絶壁のテーブルマウンテンを短時間で登るためとてつもなく急だ!

さんざん辛い目にあってアフリカを抜けてきて当分辛い事はしないでおこうと思ってたのに
近代都市ケープタウンについて余裕ができたのか調子にのって
登山してしまったことを登り始めてすぐに後悔した
▼絶壁の裂け目を登って頂上に行く
ケープ0203

予定時間通り登山口から1時間、ケープタウンの街から2時間で頂上のテーブルの上に着いた♪
次回は間違いなくケーブルで登ろう
▼テーブルマウンテンの上はこんな感じ
ケープ0204

▼テーブルマウンテンからのケープタウンの街並み
ケープ0205

▼頂上の植物
ケープ0206

頂上で記念写真なんかを撮ったりして、楽しむのも束の間いきなり雲が・・・。
テーブルマウンテンは、しばしば雲が頂上を覆いテーブルクロスマウンテンとなってしまう。
僕達も登頂後1時間でテーブルクロスマウンテンになってしまった。
▼ぎゃ~雲が!!この後ホワイトアウトとなってしまい視界が無くなった。
ケープ0207

一瞬で頂上は雲に覆われケーブルも止まり再び自力で下山しないとダメだ。
まぁ~、必死に登ってきて帰りはケーブルになんて乗らないけどね~。
▼下山後、下から見たテーブルクロスマウンテン
ケープ0208

この登山で、しんどいのはコリゴリだと強く心に思ったはずなんだが、懲りずに・・・・。


プロフィール

よ~じ&ナナ

Author:よ~じ&ナナ
2007年6月1日から
2009年9月17日まで
世界一周の旅に出ていました。

現在地 2015/08/29
日本・高松
転勤で四国に移動!
四国での生活を満喫中♪

旅した国◆67カ国
中国・ネパール
インド・UAE・トルコ
ギリシャ・イタリア
バチカン・スペイン・モロッコ
ポルトガル・フランス
ベルギー・オランダ・ドイツ
フィンランド・エストニア
ラトヴィア・リトアニア
ポーランド・チェコ
オーストリア・スロバキア
ハンガリー・スロベニア
クロアチア・モンテネグロ
ボスニアヘルチェゴビナ
セルビア・ブルガリア
マケドニア・グルジア
アルメニア・イラン
シリア・レバノン
ヨルダン・イスラエル
パレスチナ・エジプト
イエメン・エチオピア
ケニア・ウガンダ
ルワンダ・タンザニア
マラウィ・ザンビア
ナミビア・南アフリカ
アルゼンチン・チリ
ブラジル・パラグアイ
ボリビア・ペルー
エクアドル・コロンビア
パナマ・コスタリカ
ニカラグア・ホンジュラス
エルサルバドル・グアテマラ
メキシコ・キューバ・カナダ

カテゴリー
最近の記事
訪問者数
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近のコメント
FC2ブログランキング
ブログランキングに登録してます! 是非バーナーを、クリックしてください♪

FC2ブログランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。