スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただいまグルジアです。 (2008.6.27)

4日ほど前にグルジアの首都、トビリシに移動しました。
物価が安い!
ご飯はお惣菜屋さんがあるし、ワインもおいしい!
宿の居心地もすんごくよくて毎日うだうだしてます。

あさってくらいに、トビリシから片道3時間ほどの
カズベキというところに山を見にいってきます。


ネット環境が悪いため、メールやブログの更新が
遅れていますが、また返信していきますので少々お待ちください。。。


ナナ
スポンサーサイト

フェズ・エル・バリ(2008.2/21~2/24)

●世界一の迷路?
モロッコの町は基本的にメディナとよばれる旧市街と新市街で構成されている。
メディナは7世紀にアラブ人が造った町がほとんどで、城壁に囲まれその中に
スーク(商店)や住宅などがひしめきあい、その間を迷路のように路地が走っている。
地元の人以外はほとんど迷子になる。

モロッコのイスラム王朝最初の首都であったフェズ・エル・バリは
数あるメヂディナの中でも最も複雑で世界一複雑な街と呼ばれている。
▼迷路の入り口。ブー・ジュルード門
フェズ01

そんなフェズのメディナで20kgオーバーの荷物を背負ったまま2時間半も宿探し・・・
フェズのメディナは安宿が少ないようだ、シャウエンから一緒だった
オランダ人カップルと宿を探したがどこも満室
やっとの思いで見つけたのは狭いシングルの部屋
とりあえず疲れ果てたので二人で仲良くシングルベットで寝た。

世界一複雑な街も2時間半も彷徨えば大体把握できた。

モロッコのどの街もそうなんだがこれといった観光地は特にない。
街自体が魅力的なんで散歩するのが観光になる。
▼メディナの中は狭い路地ばかりで車が通れない。
フェズ02

▼代わりに馬なんんかに乗ってたりする。
フェズ03

▼肉屋。左上にある看板をご覧あれ!ラクダの肉です。
フェズ04

▼ニワトリは生きたまま売っている。
フェズ05

モロッコは皮なめしが有名でタンネリと呼ばれる地区があり
近くの建物の屋上から見ることができる。
いつもは赤や黄色などの染色の色がきれいでいい眺めのはずだが
雨のあとに行ったのでイマイチ・・・
▼なめしの技術はすごいのかもしれないが、加工の技術は…??
フェズ06

フェズの町はモロッコらしさ?を一番感じれた街だった。
世界一の迷路なまちの称号はというと・・・
確かにややこしい街ではあったが、何度か迷うとそのうち慣れると思われる。

トルコ・トラブゾンへ (2008.6.20)

トルコ・トラブゾンへ、またまたまた夜行バスで移動します。
黒海沿いの町なのでが食べれるのが楽しみです

トラブゾンで2・3日過ごし、
グルジア→アゼルバイジャン→グルジア→アルメニア→イラン
と抜けて行く予定です

シェフ・シャウエン(2008.2/17~2/21)

●ジェダイマスターの町
トルコで会った旅行者が絶賛のメルヘンチックな村シェフ・シャウエン
数年前まではイスラムの聖地として外国人には開放されていなかったそうだが
ガイドブック持っていないんで情報なし・・・

バスで4時間ほどの山間にへばりついた村が現れるシャウエンの村。
なにがメルヘンチックなのか町に入ればすぐわかる♪

シャウエンの村全体がブルーに塗られている。
説明しにくいんで、シャウエンの町の写真集
シャウエン01

シャウエン02

シャウエン03

シャエン04

とこんな感じで、町中ブルー、路地までブルーな所も♪

でも、裏話・・・
写真で見るとホントきれいなシャウエン、でもここはモロッコ。
完璧に村中がブルーってわけではなく、ところどころに手抜きが・・・(笑)
ブルーがはがれていたり、塗っていなかったりって所が結構ある!
そこはモロッコってことで許してって感じだ

この村はがんばって観光しなくてもいいので、のんびりして過ごした。

モロッコではジュラバというフード付きの服を着ている人が多い。
ここシャウエンは着用率は高く、この町の雰囲気とジュラバを着たオジサンがぴったり!!
まるでスターウォーズのジェダイみたい!
ジェダイマスターの村シェフ・シャウエン♪
▼ジェダイマスター達が談笑中
シャウエン04

たまにはハイキングといって町を一望できる丘に登り街を眺めた。
▼丘に行く途中にある共同洗濯場
シャウエン05

▼丘からシャウエンの町の眺め
シャウエン06

残念ながら僕達が滞在した時は天気が悪い日が多かったが、
晴れた時はとても気持ちいい町だった。
特に見所ってものはないが、毎日の散歩が楽しい村シャウエンはお勧めできる♪

モロッコへ(2008.2/16~2/17)

●ヨーロッパ脱出

TVの『風雲たけし城』で覚えたジブラルタル海峡
そのジブラルタル海峡を渡りアフリカ大陸へ向う。
スペインの南端アルへシラスの町から
フェリーで3時間、高速船なら1時間で行ける。
値段もそんなに変わらないんで高速船で行こうと思うが
海が荒れてるらしく、波に弱い高速船は朝から連続欠航
仕方なくフェリーで行くことにした。

1時間遅れでフェリーは出港するもジブラルタル海峡は
TVのようにバレーボールは飛んでこないがかなりの荒れ模様。

モロッコの入国審査はフェリーの中で行われる。
激しく揺れるフェリーの中で長蛇の列に並び
入国手続きを済ませた頃には軽い吐き気
▼荒れるジブラルタル!右はスペイン、左はたぶんモロッコ
タンジェ0102

30分遅れでモロッコ・タンジェに到着
アフリカ大陸上陸の感動どころではなく、周りも暗くなってるために宿探しへ
▼タンジェ港。高感度で撮ってるため明るく見える
タンジェ0101

世界3大ウザイ国のひとつにも名前がたまにあがるモロッコ
インド並みの警戒心で宿を探すがすんなり見つかる。
ご飯を食べに行っても、いい奴ばかりと初日は無難に過ごした感じ、
明日は朝一で移動、明日からモロッコは本気を出してくるか??
▼タンジェの町の中心
タンジェ0103


トルコ・カッパドキアへ移動 (2008.6.16)

昨夜EURO2008でトルコがチェコに逆転勝ちをし、
このパムッカレ村でもすごく盛り上がってました
みんな熱いっす☆

今夜、またまた夜行バスでパムッカレからカッパドキアに移動します
きのこ岩、楽しみです♪

ではでは行ってきま~す

ブログの神様

●ブログの神様

半月滞在したイスタンブールからやっと移動。
夜行バスに乗り朝にパムッカレに到着。

さ~観光に!!
と思うも半月の滞在で弱った心と肉体は動かない・・・
一緒に移動してきた世界一周新婚カップルも同じみたい(笑)
嫁と新婚カップルは睡眠中・・・
▼僕だけとり残されPCと格闘中
神様

この間に、ブログをアップしようとPCに向かうが、書けない・・・

僕はブログの神様と呼んでいるが、
内容はともかく書ける時は神様が降りてきた時で、
今日はそのブログの神様がお留守のようなので終了


トルコ・パムッカレに移動~☆ (2008.6.14)

トルコ・イスタンブールから17日目、ひっさびさに移動します

当初はイスタンブールからサフランボルかエフェスに行く予定だったのですが、カーット!
宿で知り合った世界一周ハネムーン中のご夫婦と一緒にパムッカレに行きます。

夜行バスで明日の朝にパムッカレに着く予定です。
1泊か2泊したあと、カッパドキアに2・3泊する予定です

ナナ

グラナダ◇その2(2008.2/11~2/16)

意外かもしれないがイベリア半島は長い間
イスラム王朝の支配下にあった。
ここグラナダはイスラム支配の拠点として繁栄していた。

●アルハンブラ宮殿
以前TVでアルハンブラ宮殿の特集をしてたのを見た。
どんな内容だったかすっかり忘れてしまったが、
すごかったという記憶が残ってた。

だから僕の頭の中で、アブハンブラ宮殿=すっごい!
って公式が完成されていた。

アブハンブラ宮殿はスペイン・イスラム芸術の結晶として
グラナダ街を眺める丘の上に建っている。
▼丘の上にあるアルハンブラ宮殿
グラナダ0201

見所のひとつライオンの中庭なんだがライオンの置物がない・・・
▼どこに行ったのライオンちゃん・・・
グラナダ0202

▼見事な鍾乳石の彫り物の天井
グラナダ0203

▼人気のアラヤネスの中庭
グラナダ0204

▼のんびりできるヘネラリフェ
グラナダ0205

予約しないとは入れないと聞いていたがシーズン前の為かあっさり入場。
多分すごいんだろうが、イスラム建築の大きな建物なら
インドで沢山見てきたんで『ふぅぅ~~ん』って感じで終わっちゃった。
ちなみに一番よかったのはアルハンブラ宮殿からアルバイシンの眺めだった。

●アルバイシン地区
グラナダ最古の街でイスラム支配のときに発展した。
城塞都市として出来たため迷路のように道がぐねぐね、
そのおかげでこの辺りでは強盗が多いらしい・・・・
▼アルハンブラ宮殿からのアルバイシン
グラナダ0206

▼アルハンブラ宮殿の夜景
グラナダ0207

なんでだろう??
グラナダに5泊・・・
宿がいいって聞いてたから?
モロッコに行く前に先進国の最後街で休憩の為?
あ~、特にすることもない・・・
宿で邦画を見てウダウダ、5泊も無駄だった・・・

という事で一度物価の安いモロッコに避難?観光?バカンス?


グラナダ◇その1(2008.2/11~2/16)

●食中毒に・・・

※今回の日記は一部に衝撃的なが含まれています。
心臓の弱い方などはご縁了下さい


情熱の国スペインを象徴する踊りフラメンコ。
ここグラナダでは洞窟で見ることが出来るというので行ってみた。
▼洞窟っていってもこんな感じでイマイチ雰囲気なし・・・
グラナダ0101

フラメンコといえば、最近ドラマ『ハケンの品格』で
篠原涼子が踊っていたのを思い出す。

本場スペインではムチムチのおね~ちゃんが篠原涼子以上に
激しく情熱を振りまきながら踊ってくれるだろうと期待して行った。

トップから期待通りムチムチのおね~ちゃんが登場!
情熱は若干足りていないが、ムチムチがいい♪
これは期待できる!!
▼たまらんね~♪
グラナダ0102

▼オッレ!!
グラナダ0103

しかし、ムチムチおね~ちゃんは最初だけ、ショーが進むにつれ年齢もUP
年齢に反比例しムチムチもなくなり情熱もなくなる、なんか怖いだけ・・

そんな中ショーが始まってずっと気になっていたことがある。
踊り子の皆さんは座ってる順番に踊っていき、
踊っていない時は手拍子や掛け声えをかけている。
その順番で行くとトリのところにすごい大御所が控えている・・・
▼激しい存在感
グラナダ0104


ナナと二人で『あの人はさすがに掛け声専門でしょ~』と言っっていたが、が・・・
▼大御所は颯爽(さっそう)と登場された・・・
グラナダ0105

観客全員をの目を釘づけ、と言うか金縛り・・・
激しい激しすぎる、ステップが床を突き破りそう・・・
ムチムチ感200%、情熱MAXの大御所の踊り。
▼迫力満点・・・
グラナダ0106

さすがトリ、大御所の踊りでお腹いっぱい。
でも、違うだろ!!
こりゃ食あたりだ・・・
お腹いっぱいだが、食あたりに・・・・
フラメンコってこんなものなのか?
一流のところで見ると、どんなのだろう??


バレンシア◇その2(2008.2/9~2/11)

お腹もいっぱいになって、かんこ~う。

●スペインサッカー第2戦目!!
バルセロナでのサッカー観戦に続き、ここバレンシアで第2戦目。
場所はバレンシアビーチにてU-70スペイン代表の試合。

バレンシアの街には特に観光という場所がないんで
天気もいいんでビーチにでもと散歩に行った。
熱い!とても熱い!気温の事ではなく試合内容が熱い!
ビーチに降りそそぐ太陽よりも熱く試合を繰り広げているのは
平均年齢40歳以上のおじさんたち。
▼おじさんではなく、おじ~いさんも!
バレンシア0201

あなた達は元スペイン代表なんですかというくらいの動き!!
中田もビックリのキラーパス、そしてそれに走り込むおじさん!
ここはビーチ、足も取られるのになんて可憐な動き!!
▼ビーチなのにこの激しさ!
バレンシア0202

バルサの試合も興奮しましたが、ここバレンシアビーチでの
サッカーも違った意味で興奮しました。

追伸、AFCの皆様、最近どうですか??

●海上のF1、アメリカズカップ
でもってそのビーチの隣りマニアックな観光。
アメリカズカップのベースキャンプへ!
アメリカズカップとは世界最高峰のヨットレース、
現存する世界最古のスポーツイベントです。
せっかくバレンシアまで来たんで前回大会が去年の夏に終わり
静かなベースキャンプだがとりあえず見てみたいと思い行ってきました。
▼閑散としたベースキャンプ全景
バレンシア0204

ご存じないと思いますがこのヨットレース世界中の大企業が
国の威信をかけて挑戦したり、スポンサーになっている。
例えばBMWやルイ・ビトン、プラダなどがスポンサーとなっている。
日本もこれまで3度挑戦したが、現在は資金不足などで挑戦していない・・・

残念ながら大会が終わり現在は閑散としていた。
▼各チームのベースキャンプ
バレンシア0205

前回優勝のスイスのチームのショップが開いていたので覗いてきた。
次回大会は2009年の開催予定です。
是非、次回の大会ぐらいには日本も再び挑戦してもらいたいものだ。


バレンシア◇その1(2008.2/9~2/11)

●食を求めて、いざバレンシアへ

バルセロナからバレンシアへ
バレンシアといえばバレンシアオレンジとパエリアの本場!!

ナポリで食べた本場のピザがおいしかったので
何でも本場はすごいと期待してバレンシアに♪

バレンシアに着くと町の中心にはオレンジの木が!!!
▼街の中心にあるオレンジ。心躍る♪
バレンシア0101

こりゃ~楽しみだと市場にオレンジを買い、さっそく宿に戻り食べてみる。

なんだ~このジューシーな味わいは~!!
って、感じにならずなんかスカスカ・・・
イタリアで買ったオレンジのほうがおいしい・・・・

ほんとにバレンシアオレンジはバレンシアが原産なのかと思いネットで検索。
すると、以下のような検索結果が。

 原産地アメリカ・カリフォルニア州
 スペイン原産と思われがちだが。スペイン人が自国バレンシア地方に植えられている
 オレンジに似ていると語ったことからバレンシアレートと命名された。
 現在栽培権はサンキストが持っている。

なんってこっちゃ・・・ややこしい事するなよスペイン人!!!
事実がわかるとただでさえおいしくないオレンジがさらにおいしくなく思えてきた・・・


お次はパエリア。
今回は失敗しないように宿でバレンシアで一番おいしい店を聞いてランチに出かけました。
お店はランチタイム終わりかけというのに地元の人で大人気!
こりゃ間違いないと思い期待満々でお店に入ると、ランチタイムは予約でいっぱい・・・
あ~本場パエリアを目の前にしてお預け状態!!
バレンシアまで来て本場パエリア食べれないのかと思ったが
夜の予約は取れるかと聞くと、問題ないって事で、再び夜に来店♪
▼ナポリのピザと同じで、やはり本場はでかい!!
バレンシア0102

あ~いい香り♪
ではさっそくいただきます。
日本でも食べたことがあるが、やはりおいしい本場!
ピザの時ほどの感動はないが満足♪

一方、ナナの感想は、芯が残っていて残念・・・

パエリアって芯が残ってるもんだからこれが普通なんだろうと思うが
日本人ナナからすれば米に芯が残ってるのは許せないらしい、
次回は汁だくでお願いしますとの事。

バルセロナ◇その6(2008.1/31~2/9)

●住みたい町バルセロナ
バルセロナはおしゃれな街だ。
ガウディーの作品以外にも沢山のかっこいい建築物などがある。

◆サン・パウ病院
最初の印象のすごさはサクラダ・ファミリアよりよかった。
当時、ガウディーよりも名声を得ていたドメネクの作品
『芸術はには人を癒す力がある』との信念で建てられた病院。
世界遺産にも登録されもちろん現在も病院として使用されている。
▼確かに癒される感じがする病院でした。
バルセロナ0401

▼48棟の病棟が地下で繋がっています。
バルセロナ0402

◆カタルーニャ音楽堂
これもドメネクの作品。
ステンドグラスやシャンデリアがすごいらしいが残念ながら内部は見なかった。
▼入っとけばよかったと少々後悔・・・
バルセロナ0403

◆バルセロナ港
おしゃれ地区、映画館があったりレストランが並ぶ。
▼ミロの作品のような気がするが・・・・
バルセロナ0404

▼作者不明のザリガニ
バルセロナ0405

▼港に浮く作者不明のオブジェ
バルセロナ0406

▼コロンブスの塔
バルセロナ0407

◆トーレ・アグバール
水道会社のビル、ライトアップされるとかなり綺麗なはずだが
2度ほど僕達は見に行ったがライトアップされていなかった。
▼フランス人の有名な建築家が立てたらしいが地元では『チ○ポ』とあだ名がついている。
バルセロナ0408

◆街中にある巨匠の作品
▼ミロデザイン、ランブラ通りにある
バルセロナ3012

▼ミロ、デザインのオブジェ。ミロ公園
バルセロナ0410

▼ガウディー、デザインのタイル。街中のあちらこちらで見ることが出来る
バルセロナ0409

▼ガウディー、デザインのガス燈。
バルセロナ0412

◆ピカソ美術館
ピカソが9歳の時からの年代別に作品が並んでいて
作風の移り変わりがわかって面白かった。
▼内部撮影不可の為、外観のみ
バルセロナ0413

◆ミロ美術館
絵画からオブジェにわたりミロ作品が大量にありGood♪
▼人によってはやる気なし、人によってはかわいいと言うミロ
バルセロナ0415

▼僕達はミロは大好物です。
バルセロナ0414

▼将来の巨匠
バルセロナ0416

美術館に行きミロ・ピカソの作品を見つけ出すのに役立ち
この2つの美術館はこのあとヨーロッパを回るのにいい経験になった。

この他にもありますが書ききれません!!
天気もいいし、スペイン人も陽気で親切、街もおしゃれ、バルサのチームとも触れ合える
物価もヨーロッパの中では気持安いし、僕達がこの旅行で初めて住みたいと思った街だ。
おかげで延泊の連続、ヨーロッパの物価でこんな無計画な・・・・
結局10日も滞在しちゃいました。あ~スペイン語が出来ればバルセロナに住むのに!!

バルセロナ◇その5(2008.1/31~2/9)

●拝啓、ガウディー様 バルセロナ郊外編

 拝啓、ガウディー様
こりゃ~いい!!
この教会は今まで見てきたどんな教会よりもいいかも!!
小さくても存在感あります!心にグサッときます!
サン・ピエトロなんかより全然いい!!
                 よ~じ&ナナ夫婦


◆コロニア・グエル教会
バルセロナ郊外電車で30分くらいのところにある。
郊外の村の中にある教会。未完成で半地下の部分が
出来上がったところで建設中止になった。
僕達は一番のお気に入りの教会。
訪れたときは運よく観光客がおらず貸しきり状態!
▼外観はそんなに・・・
バルセロナ0301

▼外からステンドグラス
バルセロナ0302

▼エントランス
バルセロナ0303

▼教会内部
バルセロナ0304

▼ステンドグラス
バルセロナ0305

▼ガウディーらしい木をイメージした柱
バルセロナ0306

▼教会内部の椅子もガウディーデザイン
バルセロナ0307

▼手洗い場もガウディーのデザイン
バルセロナ0308

この教会は一番のガウディー作品の中でもおススメ♪
ヨーロッパで教会を見飽きた僕達もこの教会には感動!
金をかければいいってわけじゃない!!
あ~この教会を完成させてほしかった、残念!
でも十分、サンキュ~ガウディー

バルセロナ◇その4(2008.1/31~2/9)

●拝啓、ガウディー様 バルセロナ市内編

拝啓、ガウディー様
貴方の作品はホントすっごいっす!!
貴方の作品を見て更に好きになったっす♪
あなたとお話でもきてよかったっす!!
                    よ~じ&ナナ夫婦


サクラダ・ファミリアに以外にもバルセロナにはガウディーの作品が溢れています。
そんな作品の一部をご紹介します
◆カサ・カルベ
ガウディーの作品としては普通な感じ。一階はレストランになってる。
▼ぼ~っとしてると気付かない
バルセロナ0201

◆カサ・パトリョ
ガウディーの代表作の1つ内装に特徴あるが、入場料が高すぎで断念16€(2700円)
▼中に入りたかった~!!
バルセロナ0202

◆グエル邸
ガウディーの代表作の1つ、中も入れるらしいが僕達が訪れたときは工事中では入れなかった。
▼中見たかった~!!
バルセロナ0203

◆グエル別邸
思ってたより小さかった正面の門がすごいだけ?
▼入場できるみたいなことが入ってたが、本日休館みたいなことを書いていた・・・
バルセロナ0204

◆カサ・ビセンス
ガウディーの処女作、外観のみしか見れないがGOOD♪
▼中に入ってみたい!!宅配のおにーちゃんが届け物を中に、羨ましい!
バルセロナ0205

◆サンタ・テレサ女学院
一部がガウディーの作品らしいが、現在も女学院として
使われているため休日のみ入場出来る。
▼平日に訪れた為外観だけ、女子高生も見たかったがどちらも見れず。
バルセロナ0206

◆カサ・ミラ
代表作のひとつ。宿から5分の場所にあり毎日前を通り鑑賞。
内部入場可能で一部博物館になっている。ここで勉強してから観光するのもおススメ。
▼ガウディーの作品と一目でわかる。
バルセロナ0207

▼入口付近
バルセロナ0208

▼中は吹き抜けになってると
バルセロナ0209

▼屋上はちょっとした公園みたい。
バルセロナ0210

▼顔??
バルセロナ0211

▼この取っ手も全てガウディーのデザイン!
バルセロナ0212

◆グエル公園バルセロナを見下ろす丘の上に立っている。
おにぎりを握り弁当持参で訪れた。こんな公園近所ある子供達は幸せ。
▼入口の様子.ここからウキウキ
バルセロナ0213

▼有名なトカゲ。これの置物を買うかめちゃめちゃ悩んだ!
バルセロナ0214

▼公園のベンチ
バルセロナ0215

▼どこからこんなの発想が?でもおもしろい♪
バルセロナ0216

こんな感じでバルセロナの街にはガウディーの作品が溢れています。
もちろんこれ以外にもあります。
◆おまけ
バルセロナ観光中に偶然ガウディー氏に出会いました。
▼氏の作品について有意義なお話をさせていただきました♪
バルセロナ0217

バルセロナ◇その3(2008.1/31~2/9)

●拝啓、ガウディー様 サクラダファミリア編

  拝啓、ガウディー様

私達夫婦は心の貧しい者です。
あなたが、一生を捧げたサクラダ・ファミリアより
一瞬ですがカルフールを見たときのほうが感動してしまいました。

                        よ~じ&ナナ夫婦

賛否両論のサクラダ・ファミリア、良い悪いは別として
カルフールを見つけた時の方がテンションが上がっってしまった。
長く旅すると観光より、先に胃袋ってなってしまう・・・・

そんな僕たちを救ってくれたのは宿の場所、
サクラダ・ファミリア徒歩10分。
好立地の為、よさが分かるように毎日通った。
おかげで咬めば味が出るサクラダ・ファミリア、
最終的にはお気に入りの建築物になった。
さすがガウディー♪
▼お決まりの写真
バルセロナ0101

▼正面ファザードの彫刻
バルセロナ0104

▼けっこ不評な裏側の彫刻、僕は好きなんですが・・・
バルセロナ0102

▼同じく裏側の扉、これも好き~♪
バルセロナ0103

外ばかり見ててもということでもちろん入場~
▼もちろん工事中
バルセロナ0105

▼これも教会のどこかの部品なんだろう。
バルセロナ0106

▼内部のステンドグラス
バルセロナ0107

▼木みたいな柱
バルセロナ0108

建設中の教会に入る機会ってめったにないんで、なんか嬉い♪

でもって塔に登ることに。
上れるのは正面と後の2つの塔があり、エレベーターで上まで上がることができる。、
最初は新しい後ろ側の塔に登ることにした。
▼新しい塔(後側)からの眺め。正面側の塔と工事中の現場がみれる。
バルセロナ0109

▼こんな感じで顔を出して覗くことも
バルセロナ0110

▼下りは階段で
バルセロナ0113

次に正面側(古い方)の塔に上った。
▼バルセロナの街並み
バルセロナ0114

▼ステンドグラス
バルセロナ0111

▼教会の上には果物みたいな装飾が色々着いている。評判良くないみたいだけど、僕たちは好き。
バルセロナ0112

このサクラダ・ファミリア、1886年に着工し、ご存知の通り現在も工事中、
最新の予想では2256年前後に完成予定なんだそうだ。
日本の大手ゼネコンに任せたら2年もあれば十分そう・・・(笑)
▼これが完成予想図
バルセロナ0115

でもいいじゃないですか!プラモデルも作ってるときが楽しいし。
僕達の子供や孫がサクラダ・ファミリアを訪れるたびに形が違っうって夢があっておもしろいですね♪

◆おまけ
2006年、直下に高速鉄道AVEのトンネルを建設する計画が持ち上がり、
教会側は地元自治体などにトンネル建設中止の働き掛けを要請している。
この騒ぎで教会が市に建築許可を受けていないことが判明し、違法建築であることがわかった。
(ウィキーより )

バルセロナ◇その2(2008.1/31~2/9)

●カンプノ~へ行こうよ♪~その2~
試合の興奮が冷めやらぬ翌日。
バルサの練習が見れるということで再びカンプノウへ。
練習場に行くが練習開始時間になっても選手は出てこない・・・
やっぱ簡単に見れるものじゃないんだ~と思ってると
警備のおっちゃんが『今日はサブグランドでやってるよ』と教えてくれる。

サブグランドに行くと試合形式での練習が行われていた。
ファンが少なく盛り上がりもなかったので勝手に
Bチーム(2軍)の練習だと思い込んでしまった。
▼Bチームの練習試合と思っていたのに・・・
バルサ0201

二人でのんびり見ながら、
『あれってロナウジーニョに似てるな~』
『あいつもメッシぽいプレーしてるよな~』

なんか言いながら最後まで試合を見て選手達が近ずいてくると・・・
うぁぁぁぁ~!!!!!!!!!
グジョンセンや!!メッシや!!ロナウジーニョやか~!!!
▼選手がこんな感じ近づいてくると
バルサ0203

▼メッシやん!!
バルサ0204

▼ロナウジーニョやん!!
バルサ0205

あぁぁぁ・・・もっと真剣に見といたらよかった。
▼いちおう写真を撮っておいたロナウジーニョぽい気がしてた本物のロナウジーニョ・・・
バルサ0202

残念ながら国際Aマッチデーで他のヨーロパ組みの選手はいなかたが満足♪

で、次の日ふたたび練習場へ見学に!
▼ナイター練習
バルサ0206

またもやロナウジーニョ!!!
▼ちか~ぃぃぃ!!
バルサ0207

バルサってなんて素晴らしいチームなんだろう♪
どこかのチームと違いサポーターと選手がこんなに近いってステキやん♪
もう感激でクラブの公式HPで練習の日程をチェックし滞在中は毎日通った!
バルセロナ来てよかった♪バルセロナFCこそ世界最高のチームです!

バルセロナ◇その1(2008.1/31~2/9)

●カンプノ~へ行こうよ♪~その1~
あぁぁぁ~~!!震えが止まらない。
バルサのチケットをGetしての事、
ほんとうに興奮してしまい震えが止まらなかった。
▼ちょっといい席を取ってしまった!
バルサ0101

ミランの試合で痛い目に合ってビビリながらカンプノウスタジアムに
バルサのチケットを買いに行ったがあっさりと買うことが出来た♪
まだ試合を見てもないのにチケット手に入れただけでこの興奮!!

その2日後、再びカンプノウスタジアムに♪
▼今度は笑顔の記念撮影
バルサ0102

あぁぁぁl~!!またも震えが止まらない・・・
今度は夫婦して震えが止まらない・・・・

入場前からこの興奮!
この旅行で久しぶりの興奮、僕としてはラサのポタラ宮並みの興奮!
(比べてゴメン、ダライ・ラマ

スタジアムの席に着く、少し落ち着いてきたところに
バルサの選手がアップの為グランドに!!

うぅぅぅ~!!
デコ、メッシ、アンリ、イニエスタ、ザンブロッタ、
テュラム、グジョンセン・・・そして、ロナウジーニョ!!!
みんな生だ~生で見ちゃってるよ俺・・・
▼もうこれだけでも幸せ♪
バルサ0103

そんな夢見心地のまま過していると、アッという間に試合開始!
前試合まで長期離脱していたロナウジーニョはベンチスタート。

う~ん、バルサの選手の動きがイマイチ悪い・・・
デコ・イエニスタだけがんばってる。
▼スタジアムの様子
バルサ0104

ドローで前半終了、そして後半スタートするが相変わらずの動き・・・
そうなるとスタジアムは段々イライラ~
▼どうしたんだ~!!
バルサ0105

そしてイライラのたまったファンは、ロナウジーニョの大合唱!
それに応えるようにロナウジーニョもアップ開始!
試合見るよりロナウジーニョのアップの状態にみんな釘付け!

ぎゃぁぁぁぁ~!!おしっこちびりそう・・・
ついに登場、ロナウジーニョ!!
もちろんスタジアムの興奮は最高潮!
▼興奮しすぎて倒れる観客も多々・・・(またウソです。)
バルサ0106

だぁぁぁ~!!もう、ちびったかも・・・
シャビが勝ち越し弾を相手ゴールに叩き込んだ!!
▼この時突然の大雨だったがサポーターは関係なく興奮爆発!!
バルサ0107

そして試合終了
▼ありがとうバルサ、素敵な時間を♪
バルサ0110

でもこれで終わりじゃないんだな~



ミラノ(2008.1/26~30)

●イタリア最後の都市ミラノ
ブランド物に興味がなければミランは何もなく物価が高いってだけ
って言いますがACミランの試合が見たくて日程を調整して行きました。

◇ファッキンACミラン
ヨーロッパ最大の楽しみヨーロッパのサッカーリーグを見る。
まずはイタリア・セリエAからっていう事で、
先日世界一になったACミランを見に行くことに♪

サンシーロスタジアムへ当日券を買いに早めに行く。
3時間前に着き当日券売り場に行くとイタリア人の1グーループがいるだけ。
そのイタリア人に聞くと『楽勝でチケットGetできるよ~』と力強いお言葉♪

されどなかなか窓口が開かない・・・
試合開始1時間前になりようやく窓口が開く、お~ついにミランの試合チケットが!
と思うが前にいたイタリア人のグループが窓口でもめて始める・・・・
最後は罵声を窓口に浴びせ蹴りを入れて去っていく
嫌な予感・・・・

そして窓口でのお言葉は
『本日はミランデーで、ミラン市民だけにしかチケットの販売はありません・・・』
窓口のおね~ちゃんひと言でで撃沈

世界でも有数のサンシーロがどう考えてもミラン市民だけで満員にならないだろう!!
『ミランなんて負けてしまえ!!』って大声で叫びたかったけど
ミランサポーター怖そうなんで小声で叫んで帰ってきた。
▼不観戦記念写真・・・・
ミラノ001

◇ミラノ観光
で、ACミランを見ることが出来なくなり目的のなくなったミラノ・・・
一応観光でもしようかと街へ行くことに、予約必要な『最後の晩餐』の鑑賞に
キャンセル待ちは開いてないかと聞きに行くがやはり満員で見れない。
やっぱミラノって何もないな~と街の中心にあるカテドラルへ
『キャーすっご~い!!!かっこいいじゃん!!マジすご~い♪』
って急に標準語になるくらいカッコイイ!!
教会を見飽きてた僕らでも感動するくらいなんで多分他の人が見てもすごいと思う。
サッカーの事ばかりでガイドブックを見てなかったのもよかったのかもしれない。
▼修復中だが良かった。でも写真で見るとイマイチ??
ミラノ002

▼ドゥオーモ内部
ミラノ003

屋上に上ることもできるので屋上に行き柱の上に立ってる聖人達をまじかで見ることにした。
眺めはたいしたことないがドゥオーモの屋上のつくりが楽しいので上る価値あり!
▼ツンツン柱の上には聖人が立ってる
ミラノ004

▼なんかかっこいい!!
ミラノ005

▼屋上の様子
ミラノ006

おまけ
ミラノ駅
▼ムッソリーニが演説したり、映画『冷静と情熱のあいだ』でつかわれたりだが改装中・・・
ミラノ007

▼キップの自販機  どこの駅にもあって時間や値段も簡単に調べられて便利 イタリア旅行中大助かり♪
 通称『ポンポンポン』ナナ命名・・・・その名のとおりポンポンポンと使えるんで(笑)

ミラノ008

ガッレリア
▼高級店が並ぶ中マクドナルドも、僕達にはまったく用がないところ
ミラノ009

おしゃれの街と思っていたが若い子でおしゃれな人が意外と少ない。
おじさんになったりするダンディーな人が多かったミラノ
若い子だと日本人のほうがおしゃれかも。

そんなこんなでイタリア終了!
ミラノから夜行バスでフランス通過しいっきにスペイン・バルセロナ


旅に出て1年っす。

本日で、旅に出て1年っす!!

一周年祭り!!と思ってたんですが諸事情で明日に延期。

今日は日曜なんでイスタンブールの街はオヤスミ、
昨日がんばりすぎた為、僕たちもオヤスミ・・・
▼昨日がんばったことの一つ。小麦粉から、うどんを打ちました!ダシも昆布から♪ 作:よ~じうどん

今日はナナは読書(MONSTER)、
僕はこれからのルートを考えつつのんびりと

1年前に気合満タンで大阪港から船に乗った時より
かなりゆる~い感じになっていますが、
大きなトラブルもなく過せたことに感謝し
もう1年がんばりたいと思います。

ブログを読んでいただいてる皆様、日本でサポートしていただいてる皆様
この1年ありがとうございました、そしてもう1年宜しくお願いします。

よ~じ&ナナ
プロフィール

よ~じ&ナナ

Author:よ~じ&ナナ
2007年6月1日から
2009年9月17日まで
世界一周の旅に出ていました。

現在地 2015/08/29
日本・高松
転勤で四国に移動!
四国での生活を満喫中♪

旅した国◆67カ国
中国・ネパール
インド・UAE・トルコ
ギリシャ・イタリア
バチカン・スペイン・モロッコ
ポルトガル・フランス
ベルギー・オランダ・ドイツ
フィンランド・エストニア
ラトヴィア・リトアニア
ポーランド・チェコ
オーストリア・スロバキア
ハンガリー・スロベニア
クロアチア・モンテネグロ
ボスニアヘルチェゴビナ
セルビア・ブルガリア
マケドニア・グルジア
アルメニア・イラン
シリア・レバノン
ヨルダン・イスラエル
パレスチナ・エジプト
イエメン・エチオピア
ケニア・ウガンダ
ルワンダ・タンザニア
マラウィ・ザンビア
ナミビア・南アフリカ
アルゼンチン・チリ
ブラジル・パラグアイ
ボリビア・ペルー
エクアドル・コロンビア
パナマ・コスタリカ
ニカラグア・ホンジュラス
エルサルバドル・グアテマラ
メキシコ・キューバ・カナダ

カテゴリー
最近の記事
訪問者数
カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近のコメント
FC2ブログランキング
ブログランキングに登録してます! 是非バーナーを、クリックしてください♪

FC2ブログランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。