スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケープタウン◆その3(2009,1/2~11)

●ケープペンギンと戯れるの巻
喜望峰を目指してケープタウンから南へ列車に乗り
1時間ほどの終点のサイモンズタウンに出かけた。
この辺りの海はとてもキレイで青く澄んでいるが、南極から流れてくる寒流なのでかなり冷たい!
▼先に見える山の向こうに喜望峰がある
ケープ0301

喜望峰にいく予定ったが諸事情で喜望峰には行くことができなくなり、
サイモンズタウンにあるボルダーズビーチにいった。

さっきも書いたがは寒流が流れているので
ボルダーズビーチにはなんとペンギンがいるのだ!

サイモンズタウンの町中を30分ところにボルダーズビーチはある。
▼周りは普通の住宅地
ケープ0302

公園の入口で入園料をビーチにいくとペンギンとご対面!!
▼青い海とペンギン達
ケープ0303

▼コロニーで卵を温めてるペンギン達
ケープ0311

▼泳いできたペンギン達
ケープ0304

▼ペンギンのカップル
ケープ0305

ビーチは二つに分かれていて北側のビーチからは歩道からしか
ペンギンを見ることができないが北側のビーチはなんとペンギンと一緒に泳げるのだ!
▼泳げるけど寒流なんで水の中はかなり寒い!
ケープ0307

▼写真を撮ってると岩の間からペンギンが現れた!
ケープ0306

南側のビーチではペンギンとじかに触れ合えるが、南のビーチ公園外の
岩場にもたくさんペンギンがいてここでもペンギンと触れ合える!
▼こんな感じでペンギンに囲んでもらえる
ケープ0308

▼日向ぼっこ中のペンギン
ケープ0309

この岩場にいるペンギンは好奇心の旺盛なのか靴をつついてくる。
しかも、なんとここのペンギン飛ぶのだ!!
▼衝撃写真!飛ぶペンギン!!
ケープ0310

結局ペンギンのかわいさに朝から夕方まで昼ご飯も食べずにペンギンと戯れていた♪
▼帰りに見つけた道路標識『ペンギン注意!』
ケープ0312


スポンサーサイト

ケープタウン◆その2(2009,1/2~11)

●テーブルマウンテン

ケープタウンのシンボルと言えばテーブルマウンテンだ
ケープタウンの街の背に垂直に切り立った崖が特徴の山がそびえたっている。
▼街中から見たテーブルマウンテン
ケープ0200

標高1086mのテーブルマウンテンにはケーブルカーが頂上まで乗っていくことができるのだが・・・。

今回もやめときゃいいのに、またやっちゃいました・・・。
お金の節約ってのもあるんですが、やっぱり苦労しないと感動や記憶に
残る思い出っていうものは獲れないと思いまたやってしまいました、テーブルマウンテン登山!!
ケープタウンの街からた登山口まで1時間の登りだがこれだけでも疲れた。
▼ケーブル乗場と登山口は同じなんだが・・・。
ケープ0201

▼しんどいのは嫌と言いながら登山口へ
ケープ0202

テーブルマウンテンにはいくつかの登山ルートがあり1h~3hほどで登れる。
僕達は今回最短の1hで登れる最短ルートを選んだ。
1hで登れるが絶壁のテーブルマウンテンを短時間で登るためとてつもなく急だ!

さんざん辛い目にあってアフリカを抜けてきて当分辛い事はしないでおこうと思ってたのに
近代都市ケープタウンについて余裕ができたのか調子にのって
登山してしまったことを登り始めてすぐに後悔した
▼絶壁の裂け目を登って頂上に行く
ケープ0203

予定時間通り登山口から1時間、ケープタウンの街から2時間で頂上のテーブルの上に着いた♪
次回は間違いなくケーブルで登ろう
▼テーブルマウンテンの上はこんな感じ
ケープ0204

▼テーブルマウンテンからのケープタウンの街並み
ケープ0205

▼頂上の植物
ケープ0206

頂上で記念写真なんかを撮ったりして、楽しむのも束の間いきなり雲が・・・。
テーブルマウンテンは、しばしば雲が頂上を覆いテーブルクロスマウンテンとなってしまう。
僕達も登頂後1時間でテーブルクロスマウンテンになってしまった。
▼ぎゃ~雲が!!この後ホワイトアウトとなってしまい視界が無くなった。
ケープ0207

一瞬で頂上は雲に覆われケーブルも止まり再び自力で下山しないとダメだ。
まぁ~、必死に登ってきて帰りはケーブルになんて乗らないけどね~。
▼下山後、下から見たテーブルクロスマウンテン
ケープ0208

この登山で、しんどいのはコリゴリだと強く心に思ったはずなんだが、懲りずに・・・・。


ケープタウン◆その1(2009,1/2~11)

南アフリカに到着!

その名の通りアフリカ最南端の国、南アフリカ!
2010年のサッカーワールドカップ開催地なんで
日本でも報道されることがあり場所はわかると思う

エジプトから始まりイエメン経由で再びアフリカ大陸・エチオピアに入り
そこから約2ヶ月半で南アフリカに着いた。
当初は半年くらいアフリカにかけるつもりだったのだが・・・。

とりあえずアフリカ大陸南端に到着ということでワインで乾杯ということになった♪
▼南アフリカのワインは美味しい♪
ケープタウン0101

南アフリカのワインは日本でもおいしくて有名だ。
スーパーに行ってもいろんな銘柄のワインが置いてある。
最初は上品に瓶で買っていたがすぐ飲んでしまうので
途中から3ℓのパックなんかを買うようになった。
▼こんなお徳用のワインでも味はそこそこいける♪
ケープタウン0102

宿の居心地も良く清潔だし、ホットシャワーもガンガン出るし、キッチンも充実しているし♪
▼正月なんで、旅の途中でもらったお餅を食べた
ケープタウン01013

▼みんなでシェア飯♪
ケープタウン0103

▼結構贅沢なものを食べている♪
ケープタウン0104

●南アフリカの治安
南アフリカの治安は抜群に悪い!
年間の殺人事件は未遂も合わせると約1万9200件、
1日に53人が犯罪で殺され、強盗は1日350件になるそうだ。

こんな数字が並んでいると、とても外を歩くことなんかができないと思ったが、
実際はそうでもなかった。
僕達はケープタウン周辺しかいってないので他の場所はわからないがケープタウンに関しては
歩いていても危険は感じなかった、治安はヨーロッパよりもいいように思われた♪
しかし、ヨハネスブルクなんかはやはり治安は相当悪いらしい・・・。
▼ケープタウンの街並み
ケープタウン0105

▼最近開発されたウォーターフロント地区
ケープタウン0106

●Wカップ
2010年のサッカーワールドカップ南アフリカ大会、ケープタウンも
Wカップの会場になっていた僕達が訪れた時も急ピッチで会場の建設が進んでいた♪

開催が危ぶまれてるとか言われていたがケープタウンに関しては順調に
準備が進んでいるみたいだった。
▼ケープタウンの工事中のスタジアム
ケープタウン0108



南アフリカに着き、苦しいアフリカのたびにピリオドを打つことができたと思ってたが・・・


ウイントフック(2009,1/1~2)

2009年はナミビアの首都ウイントフックからはじまった♪

ウイントフックの街は植民地時代のドイツの面影が残るきれいな街だ。
街中もヨーロッパ並みに整備されてきれいだ。
▼丘の上に立つ教会
ウイントフック0104

ナミビアは旅に出る前から訪れたい国の一つだった。
世界最古の砂漠と言われるナミブ砂漠、ナミブ砂漠には世界最大の砂丘がある。
北部には体に赤土を塗りつけたヒンバ族が昔と変わらない生活を続けていたりする。

ナミビアはアフリカの中ではかなり発展している国である。
しかし、全体的に人口が少なく首都のウイントフックですら22万にほどしかいない。
広大な国土はほぼ未開発といっていい、残りは手つかずの自然でそれが魅力なのだが、
それらの開発されていない魅力的な地域に行くための道や交通機関は整備されていない。

バスを乗り継いでいったいるすることはほぼ不可能だそうだ。
これらの地域を旅するので一番いいのはレンタカーを借りることだ。
レンタカーだと¥10,000/日くらいで借りれ、
南アフリカまで乗って行き乗り捨てすることが可能だ!

でも、ここでで問題が・・・。
僕達は車を運転するための国際免許がない。
国際免許証は有効期限が1年で海外で更新ができないので、
最初の計画から2年の予定だった僕達は日本で申請して行かなかった。
一緒にいてた修三さんも国際免許証はもっていなかった。

ウイントフックで誰か国際免許証をもっている旅行者に出会えたらと
淡い期待をして訪れたが、新年をナミビアで迎えようなんて人はいなかった。
一応、ツアーも聞いてみたが1泊2日で約3万円・・・・。
てことで結局諦めるしかなかった。

砂漠もヒンバ族にも会えなくてがかりしてケープタウンへの
公園を歩いていたらなんとヒンバ族が出稼ぎに来ていた!!
▼ヒンバ族がアクセサリーを売りに来ていた
ウイントフック0102

▼近くえで移すとお金を取られるので望遠で
ウイントフック0101

アクセサリーも気になったんでヒンバ族のアクセサリーも見に行った。
アクセサリーも気になったが、やはりヒンバ族のほうが気になる!
色々アクセサリーを見せてもらうが全部赤い色がつくし、
隣で寝てる赤ちゃんも赤く塗られている、
白のオムツも当然だが赤色が染み込んでいた(笑)

ヒンバ族にもいちおう出会えて満足し、
残りは宿でのんびりと過ごしケープタウンに移動した。
▼パスタを作ってるとイタリア人が口を挟んできた(笑)
ウイントフック0103

あ~、でもヒンバ族の村にも行きたかったし、ナミブ砂漠にも行きたかった!
再びナミビアを訪れ、自然を満喫したい♪

リビングストン◆その2(2009,12/28~31)

●年越し弾丸バス移動
ビクトリアフォールズはジンバブエ側のほうが滝が多い、
乾期のビクトリアフォールズで水量が少なければジンバブエ側に行こうと思ってたが
ザンビア側からで十分満足できたのでジンバブエに行く理由がなくなった。
ハイパーインフレ中と赤痢で非常事態宣言が出てるジンバブエなんて今の僕達には厳しすぎる。

ザンビアはジンバブエと、もう1ヶ国ボツワナと国境を接している。
ボツワナの国境付近はチョべ国立公園がある。
チョベ国立公園は象の数が多くて有名だ!
川を泳いでいる象なんかも見れたりするらしい!
タンザニアで象と激突して以来象には恨みがあるため
最後にいい感じでアフリカを去りたくもう一度見ておきたかったが
ビザの関係でボツワナに行くのを断念することになった。

ジンバブエにもいかない、ボツワナにもいかない・・・・。
じゃ~、一日でも早くアフリカを脱出したい
アフリカは疲れたということでナミビア・ウイントフックを目指すことになった。

ウイントフック行の国際バスは週に2回、
オフィスに次のバスの日時を聞きに行くと31日大みそかの夜行だそうだ。

大晦日だろうと、正月だろうとどうでもいい、早くアフリカを出たい!!
ということで、何の迷いもなくこの年越しバスに乗ることにした。
▼2階建ての快適バス
ビクトリア0201

▼ヨーロッパレベル♪
ビクトリア0202

バスは快適にザンビアを出てナミビアを走る。
シートもリクライニングができ快適に寝れる♪
▼ナミビアに入国
ビクトリア0203

熟睡してると夜中に急に電気がつきスタッフ達が

HPPY NEW YEAR~♪

と騒ぎながらやってきた。
夜行バスの移動で新年を祝う気分になんてならない、
寝かしてほしいのに陽気なヤツらはもちろん僕を寝かしてくれない!
激しく抱きついてきて力強く握手をして嵐のように去ってった。

その後順調にバスは進んだみたいで新年の朝にナミビアの首都ウイントフックについた。
やはり元旦の朝なんかに店なんか開いてなく人も車も全く走っていない。
そんなウイントフックの街を馬鹿でかいバックパックを担いで小汚い日本人3人で宿を目指した。
▼誰もいない街の中心地
ビクトリア0204

こうして、僕達の2009年は始まった。

リビングストン◆その1(2009,12/28~31)

●ビクトリアフォールズ
世界三大瀑布のひとつビクトリアフォールズ
ザンビアとジンバブエの国境にまたがり幅1,700m、最も深い滝壷は落差が108mもある。
宿からはビクトリアフォールズへ無料のバスが午前に出ているのでそれに乗って出かけた。
▼ビクトリアフォールズに到着
ビクトリア01

国立公園の入り口まで送ってもらい入場料を払い滝を目指す。
僕達が訪れたのは乾期の終わり、乾期の時は世界三大瀑布といえども
ザンビア・ジンバブエ間を歩いて渡れるほど水が干上がると聞いていたが
入口では滝の姿は見えないが。すでに滝の轟音は響き渡っていたので安心した。

滝の姿は全然見えないのにかなりの爆音が森の中に響き渡っている。
入口から遊歩道5分ほど歩き森の間からビクトリアフォールズとご対面♪
▼森の間からでも凄い迫力!
ビクトリア02

日本やこの旅行でも滝は見てきたが今まで見てきた滝とは全くレベルが違う!!
さすが世界三大瀑布!
こんなんの見てしまうと日本の滝なんて滝と呼んでいいものかというほど迫力がある。

ビクトリアフォールズはフォールズと言う名のごとザンビア・ジンバブエ間1700mに
いくつもの滝がザンベジ川に降り注いでいる。
その滝と並行して遊歩道はあり、進んで滝を見に行くと視界が開けて滝を一望できる。
▼遊歩道は滝と並行してある
ビクトリア03


▼谷底には虹がかかっている

ビクトリア08

この辺りに来ると谷底に降り注いだ水しぶきが風圧に押されて上まで上がってきて
それが再び降り注ぎ雨みたいに降ってくる、そのためビチョビチョになるが
水着を着てきていたのと天気がいいので気持ちよかった♪
▼かなり濡れる!
ビクトリア05

▼アフリカの自然はやっぱりスケールが違う!
ビクトリア06


ビクトリアフォールズ  修三さん提供


滝はジンバブエ側まで続く、僕達が訪れた時はザンビア側でも十分だった。
逆にジンバブエ側のほうは水しぶきが凄すぎて見えないような感じに思えた。
▼写真の奥のほうはジンバブエ側
ビクトリア07

▼さすがアフリカ公園内にはサルの群れなんかもいた。
ビクトリア04

今まで滝を見て感動したことなんなかったが
ビクトリアフォールズを見ては興奮せずにはいられなった!
でも、興奮とともにウガンダでのラフティング恐怖が少し甦った・・・。

ただいま~!!!!!     (2009.9.19)

ただいまーーー!!!

17日に日本に無事帰ってきましたよ~!
最高!日本!
ご飯がおいしい!
お湯がじゃぶじゃぶ出るし、トイレは不安なく流せるし。
洗濯機はなんてすばらしいんでしょう!
お店の店員さんも優しいし。
散歩してて一人にやけてました。

案の定、家族や友達に黒いとバカ笑いされ。。。
そこまで笑われるとそんなに黒くないよ!って思うけど。
家族にはキタナイと言われ・・・。クサイと言われ・・・。

さぁ!みんなー、遊んでぇー!!!
携帯はまだ持ってません・・・。
今はまだ車の運転もできまへんが・・・。

ほな!
旅行中気にかけていただいた皆様本当にありがとうございました。
感謝感激です♪



ナナ


次の目的地は日本!! (2009・9.15)

独立記念日前夜のメキシコ・シティです。

メキシコでは独立記念日は激しく祝うみたいで一番激しいのは前夜祭だそうです。
みんなで夜中まで馬鹿騒ぎ!
街の中心の広場には巨大なセットが組まれ準備万端!
24時間テレビみたいな感じになっています。

僕たちもメキシコ人と一緒に馬鹿騒ぎだー!!
って思ってたんですが、よく考えると二人とも人込みが嫌い・・・。
あまり楽しみじゃありません。

そんなことはさておき前夜祭を乗り越え明日(16日)7時の飛行機で
カナダ・バンクーバーに。そこで成田行きに乗り換え17日着で日本を目指します!!
帰着便のお知らせはこちらをクリック♪

さてこの日本行きバンクーバーでのトランジット時間が1時間半、
しかも乗り継ぐ航空会社が別のキャリアな為、スムーズに行くかどうか・・・。
もしかしたら明日はバンクーバー観光なんてしてるかも。
その時はお迎えに来てくれる皆さんスイマセン。

最後まで綱渡り的な移動で日本を目指します。
あ~、前夜祭なんてもうどうでもいいから早く飛行機に乗りたい!!

では、皆さん日本でお会いしましょう!!

よ~じ&ナナ




メキシコ・シティです。       (2009.9.13)

ただいまメキシコ・シティです。

2日で観光終了。
16日が独立記念日なのでその準備やらで行きたかったところに入れず。
暇を持て余してます・・・。

独立記念日は前夜祭がすごいらしいので
騒いでそのまま飛行機に乗って帰ります。

ではではー!


ナナ



出身って??

どうでもいいシリーズ第2弾!!

僕は物心ついたときからずっと、育ての両親から
『あなたは橋の下で拾ってきた子よ。』
といわれ続けていた。

僕も両親や弟たちとは違った品を兼ね備えていたため、
いつかは資産家で当時は事情があったため仕方なく橋の下に
僕を置き去りにした両親が迎えに来てくれるものだと思っていた。

しかし、19歳の時にパスポートの申請に戸籍謄本をとりに行き衝撃の事実が発覚した。
そこには僕の名前のところにしっかりと長男と書いてあった。
てっきり養子の文字があるものと思っていたのに・・・。

育ての親は生みの親ということがわかってしまい
その夜は、夢に見ていた両親のことを思い涙を流した。


●出身
さて、旅先で旅人同士の話のときによく
『日本はどちらですか??』
なんて聞かれる。

別に疚しいことも何もないので、そんな時は胸を張って
『奈良です!!』
と答える。

これが、
『出身はどちらですか?』
と聞かれると、悩んでしまう。

別にやましい事なんてないのだが、
典型的なO型で適当な僕なのに悩んでしまう。

なぜなら、徳島で生まれて小学校3年生の終わりまで過ごした。
その後、奈良に移って現在に至る。

となると、出身地は徳島か?奈良か?どっちになるんだろう??
徳島も奈良も僕は愛しているのでどちらの方も持ちたくないし・・・。
そんなことを思い、いつも悩んでしまうのだ。

で、僕はどこ出身になるんだろう??


スキ・キライ。

旅行のブログが帰るまでアップできなさそうなのだが、
こんなブログでも少しのファンと日課として見て頂いている方々や
家族に生きているということで更新ししなければと思い
どうでもいいお話で間をつなごうと思います。

●好き嫌い
僕は食べ物でキノコ類が嫌いだ。
周りの人で知っている人も多いと思うがカサの大きさと比例してキライ度が増す!
エノキやなめこ位ならいいが、椎茸なんかの大きさになるととても食べられない・・・。

そんな話をするとき決まって人は僕に聞く
『えっ?じゃ~、マツタケもダメなの??』
答えはもちろんダメに決まっている!!

するとまたもや決まって人は僕に、
『マツタケがダメなの!!かわいそうに・・・。』
ということを言ってくる。

同じく納豆もキライだが、それを言うと納豆好きの人たちから
『おいしくて、健康にもいいのに食べれないってかわいそうに。』
なんてことをよく言われる。

自分もそうだが、食べ物の好き嫌いの話をするときに嫌いなものがある人に人に
よく言ってしまう『かわいそうに・・・』というこの言葉。

食べれない本人からしたら全然かわいそうじゃない!!
アレルギーなんかで食べたいのに食べれない人は別として
かわいそうなん事なんてかけらもないと思う。

僕からしたら、あんなくそまずいマツタケに大金はたいて食べておいしいと言っている人と
腐った豆なんかを行儀悪いのにうれしそうにこねくり回して食べている人達のほうが
はるかにかわいそうに思うのだが・・・・。

キューバから帰ってきました。    (2009.9.7)

キューバからメキシコ・カンクンに戻ってきました。

キューバ良かったー!!!
人は聞いてた通り良かった。
建物はボロボロやけど・・・。
アメ車は普通に走ってるし、
いつの時代にいるのかわからない。
あ~、やっぱり短かった。
そして今までで一番黒くなりました。
日焼け止めを塗っても、汗ですぐ流れていくし。
無駄やと思ってもう塗りなおしてなかった。
なので焦げました。

日本に帰ってみんなの第一声は『くろっ!』ですよ。
すでに言われてるし。
楽しみにしててくださいな。

明日はもう一回カリブ海で泳いで♪9日の夜行バスにのって
メキシコシティに行きます!!

ではー!


ナナ


リロングウェイ⇒リビングストン(2008,12/27~28)

●ご利用は計画的に

リロングウェイの快適宿を追い出され、行き当たりばったりでビクトリアフォールズのある
ザンビアのリビングストーンを目指すことにした。
いつも計画通りに行かないアフリカの旅ならたまにはこっちも無計画で行ってやる!!
と思いバスターミナルに行って国境行きバスを探した。
ハイエースとバスがあり貧乏人の性で、安かったのでバスにした。
すぐに国境に向けて出発するというバスを見つけたがいつも通り乗ってから1時間は出発しない。
出発してもチャリの方が早いかもと思うような感じでだらだら走る。
ハイエースなら一時間半で着く道のりを、3時間かかりたどり着いた。
すでに国境は夕暮れの景色になっていた。

マラウィの出国を済ませ、ザンビアに入国した時には夕暮れの景色が一変、
激しい夕立となった・・・。
あぁ、なんだかふんだりけったりだ。
▼雲行が怪しくなってきた国境
リビングストン0101

最寄の町のチパタまで乗り合いタクシーで移動、
途中で銀行に寄ってもらい現地通貨を手に入れチパタで一泊することにした。
宿に行く前に翌朝イチ番のバスを予約しようとバスターミナルに行った。
バスターミナルではスタッフ達が食事中だった。

『明日、ルサカに行きたいんだけど。』

『OK、OKそれよりご飯食べて行けよ♪』

『チケットはいくら??』

『心配するなって♪それよりご飯食べていけよ♪』


とりあえず彼らは僕たちにご飯を食べさせたいらしい(笑)
ご飯を食べてる間にチケットを用意してくれて、
宿をこれから探すと言ったら出発までバスで寝ていいと言ってくれた♪
▼本日のお宿
リビングストン0102

出発までバスの中で快適に眠れ、翌朝バスは快適に走りルサカにたどり着いた。
ザンビアには行ってからバスのレベルが急にUPした気がする。

ルサカでは泊まるつもりもなかったので、すぐにリビングストン行きのバスに乗った。
バスは快適な感じになっているが、相変わらずなかなか出発しない。
いつもは気にしない地元民達も、あまりに出発しないので怒りだし2時間ほど待たされやっと出発。
▼雰囲気すこぶる悪しなルサカのターミナル
リビングストン0103

遅れた分は、勿論到着時間に響き夜の10時前に真っ暗なリビングストンに到着。
リビングストンにはバックパッカーが集まる快適な宿がある。
約2日間の移動の疲れを引きづり宿に行くも年末の為、あえなく満室・・・。
スタッフが他の宿に電話してくれたがどこも満室状態。
こうなると泣きつくしかなく、哀れに思ったスタッフがテントを探してきてくれて
キャンプサイトで一夜を過ごすことが出来た。
▼疲れていた為か、爆睡することが出来た。
リビングストン0104

翌朝スタッフに今日のベットの空き状況を聞きに行くと団体が出て行くので
空きがあると嬉しいお知らせが♪
その団体とはJAICA人間達みたいで、元々嫌いだったが更に嫌いになった・・・。
ともあれ、ベットを確保して一安心。
これで、快適にリビングストンの滞在を楽しめることになる♪

たまには無計画に行くのもありかなとも思ったが、
もうちょっとでアフリカで野宿だったかもと思うと一応計画は立てたほうがいいと思った


プロフィール

よ~じ&ナナ

Author:よ~じ&ナナ
2007年6月1日から
2009年9月17日まで
世界一周の旅に出ていました。

現在地 2015/08/29
日本・高松
転勤で四国に移動!
四国での生活を満喫中♪

旅した国◆67カ国
中国・ネパール
インド・UAE・トルコ
ギリシャ・イタリア
バチカン・スペイン・モロッコ
ポルトガル・フランス
ベルギー・オランダ・ドイツ
フィンランド・エストニア
ラトヴィア・リトアニア
ポーランド・チェコ
オーストリア・スロバキア
ハンガリー・スロベニア
クロアチア・モンテネグロ
ボスニアヘルチェゴビナ
セルビア・ブルガリア
マケドニア・グルジア
アルメニア・イラン
シリア・レバノン
ヨルダン・イスラエル
パレスチナ・エジプト
イエメン・エチオピア
ケニア・ウガンダ
ルワンダ・タンザニア
マラウィ・ザンビア
ナミビア・南アフリカ
アルゼンチン・チリ
ブラジル・パラグアイ
ボリビア・ペルー
エクアドル・コロンビア
パナマ・コスタリカ
ニカラグア・ホンジュラス
エルサルバドル・グアテマラ
メキシコ・キューバ・カナダ

カテゴリー
最近の記事
訪問者数
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近のコメント
FC2ブログランキング
ブログランキングに登録してます! 是非バーナーを、クリックしてください♪

FC2ブログランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。