スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エスファハーン~その2~(2008,7,22~27)

エスファハーンにはエマーム広場以外にも見所はある。
●チャイ屋
イスラム教ではお酒が禁止だ。
じゃ~、お父さんたちは仕事帰りどうしてるんだ?ってことになる。
イランではチャイ屋がお父さんたちの社交場だ。
チャイ屋でチャイを飲みながらシーシャ(水タバコ)をブクブクさせるだ!
僕達もエスファハーンで地元の人に交じりチャイ屋に潜入した。
▼みんな感じよく迎えたくれた♪
エスファハーン0201

中に入ってみるとみるとチャイだけじゃなく
ヨーグルトを飲んでいる人もいたので両方頼んでみた。
▼こんな感じ
エスファハーン0202

とても甘~いと想像していたヨーグルトは中東でよくある塩味ので全部飲むのは苦しかった・・・
▼チャイはおいしゅうございました♪
エスファハーン0203


●教会
意外な事に、イスラム国家イランで教会がある!!
17世紀にアルメニアのすぐれた職人や商人やを当時のアッパス一世が
エスファハーンに呼び寄せアルメニア人居住区を与えて信仰の自由を与えてため教会ができた。
現在ものこアルメニア人地区は残ってをりその中に13の教会がある。
▼この辺りではスカーフをかぶらないアルメニア人の女性の姿を見ることができる♪
エスファハーン0204

●橋の町
エスファハーンを流れるザーヤンデ川には歴史ある凝った作りの橋が
たくさん架かり地元の人の憩いの場になっている。

僕達が訪れた時は乾季なのか川というか池?状態で
川の上・下流共に関止められていて水の流れは無く無理に河っぽくしている感じだった(笑)
▼橋は歩行者専用
エスファハーン0205

▼水が少ないため少々残念な感じ
エスファハーン0206

橋はそれぞれライトアップされいい感じになる♪
▼闇はいろんなものを隠してくれるので絵になる(笑)
エスファハーン0207

●街歩き
スペースが余ったので・・・

エスファハーンのバザールも味があってよかった♪
▼バザールの中で。建国の父ホメイニー師の肖像画、イランでは街中で見かける。
エスファハーン0208

自転車の袋、色合いが可愛く欲しくなったが日本で使うかといわれると・・・
▼最後まで買おうか悩んだがやめた。
エスファハーン0209

懐かしい町並み。
街歩きをしていて、おぉ?っと思う場所があった。
なんだか日本に似ている。
アラビア文字を消して○△□商店なんて看板にすれば日本ぽくない?
▼まだ日本でもこんな感じの場所残ってますよね?
エスファハーン0210

さてこれは?
絵画ではありません!これ全部絨毯なんです!
さすがペルシャ絨毯で有名なイラン!
全部塗ってこんな感じになっている♪
▼絨毯が芸術に!!でも自分の部屋には・・・
エスファハーン0211

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よ~じ&ナナ

Author:よ~じ&ナナ
2007年6月1日から
2009年9月17日まで
世界一周の旅に出ていました。

現在地 2015/08/29
日本・高松
転勤で四国に移動!
四国での生活を満喫中♪

旅した国◆67カ国
中国・ネパール
インド・UAE・トルコ
ギリシャ・イタリア
バチカン・スペイン・モロッコ
ポルトガル・フランス
ベルギー・オランダ・ドイツ
フィンランド・エストニア
ラトヴィア・リトアニア
ポーランド・チェコ
オーストリア・スロバキア
ハンガリー・スロベニア
クロアチア・モンテネグロ
ボスニアヘルチェゴビナ
セルビア・ブルガリア
マケドニア・グルジア
アルメニア・イラン
シリア・レバノン
ヨルダン・イスラエル
パレスチナ・エジプト
イエメン・エチオピア
ケニア・ウガンダ
ルワンダ・タンザニア
マラウィ・ザンビア
ナミビア・南アフリカ
アルゼンチン・チリ
ブラジル・パラグアイ
ボリビア・ペルー
エクアドル・コロンビア
パナマ・コスタリカ
ニカラグア・ホンジュラス
エルサルバドル・グアテマラ
メキシコ・キューバ・カナダ

カテゴリー
最近の記事
訪問者数
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のコメント
FC2ブログランキング
ブログランキングに登録してます! 是非バーナーを、クリックしてください♪

FC2ブログランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。