スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネムルトダーウ(2008,8/4~5)

ドウバヤズットから夜行バスで移動ネムルトダーウ観光の起点の町マテラヤに移動。
深夜着だったのでそのままバスターミナルで朝を迎えることに
▼寝心地最悪と文句を言いながらもいつの間にか二人で爆睡・・・
ネムルト01

朝になりバスターミナルから市内のツーリストインフォに行き
ネムルトダーウツアーに申し込む。

昼に出発なんで朝昼を兼ねてタベルナ(食堂)に食事に行く。
トルコならどこでも食べられるラフマジュン(うす焼きピザみたいなの)は
トルコ東部が本場ということなんで頼んでみる。
▼ビックリするほどおいしいって訳じゃないが、おいしかった。
ネムルト02


さてお昼になりツアーに出発!
ネムルトダーウはトルコ東部の標高2134 mのネムルト山の山頂にある遺跡で、
王墓の周りに巨大石像が転がっている。
トルコの中でも大きな見所だがパムカッレやカッパドキアと比べると
イスタンブールから離れているので観光客は少ない。
でもガイドブックなどの写真を見るといっとかなダメでしょう!!って気になる。
▼山道をひたすら登り続ける。
ネムルト03

夕方に頂上まじかのホテルに到着。
そこでチャイを飲んで休憩し日の入り前にネムルトダーウに向かう。
おぉ~ついに来ちゃったネムルトダーウと思いきや、雑誌やガイドブックで見ていたのと違う!
ガイドブックの写真では石像の顔が無造作にそこら中に転がっていたのに・・・
訪れてみるときれいに並べられている。
あぁ~しなくてい修復をしちゃった・・・(泣)
かなり期待してきたのにがっかりの結果になった。
▼きれいに並べられた石像達・・・
ネムルト04

▼石像の頭部は僕より大きい
ネムルト05

と、こんな文章をもう少しで書くところだったが、
ネムルトダーウの遺跡は山を挟んで対になっていて反対側に行くと
雑誌などの写真に載っている石像を見ることができる。

そんなの誰も教えてくれなかった・・・
たまたま暇つぶしに裏に行ってみたら発見した(笑)
▼こんなのがよく雑誌などに載っている。
ネムルト06

▼でかいので迫力ある。
ネムルト07

▼石像達の表情はなぜか寂しそう
ネムルト08

おぉ~こんなのが見たかったんだよ!!
二人で大満足のネムルトダーウ♪
日が沈むまでのんびり夕陽に染まる石像達を見て過ごしました。

ホテルで一泊し翌朝今度は日の出を見に再びネムルトダーウにいった。
ま~昨日見てるんで正直ゆっくり寝たかった(笑)
(だって前日はバスターミナルで寝てたし・・・・)
日の出鑑賞後、朝食を食べマテラヤに戻った。

さてシリアを目指し移動だ~。

●ネムルトダーウツアー情報
ネムルトダーウには公共交通機関がないので
近くの町からのツアーまたはタクシーで行くしかない。

今回僕達はマテラヤのツーリストオフィスで取り扱っているツアーに参加した。
ツアーは市役所裏にある公園内にあるツーリストオフィスで申し込む。
怪しいハゲなのにロン毛な金髪オヤジが担当者。
英語ペラペラで胡散臭いが実はいいやつ。安心して申し込んでいいと思う。

ツアーは1泊2日で夕食・翌日の朝食ホテル・送迎込。
値段は当時の価格で80YTL(トルコリラ)+入場料2.5YTL(学割)
(学生って言ったら学割にしてくれる)
当時のレート1YTL=96円

ホテルはネムルトダーウから100mほど下にあり日出・日入時に車で山頂まで送迎してくれる。
ホテルはツインの部屋を使用、ホットシャワーもガンガン出るし、ご飯も満足行くものだった。
▼ホテルから見たネムルトダーウ。小さくだが石像が見える。
ネムルト10

この宿はクルド人が経営しており、スタッフも全員クルド人。
ガイドブックに少しだけクルド語が載っていたのでナナがあいさつすると大変な事に。
クルド語をしゃべれるのかとスタッフ全員がやってきて嬉しそうにナナに話す。
その度にナナはクルド語で

『いいえ、私はクルド語が話せません』

と返事をしていたがそれでもグルディー達は大喜び!!
おかげでなかなか部屋に帰してもらえずにチャイを大量に飲む事になった(笑)
▼スタッフと記念撮影
ネムルト09


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

さくさくさん

初めましてコメントありがとうございます。

僕達も行くかどうかは結構悩みましたが結果的に行くことに、
正直、これがいい選択だったのかどうかはわかりません(笑)
旅の間に世界的な大不況になってるし・・・

けど旅に出た以上できるだけ後悔のないよう楽しもうと思います♪

更新遅れてますが、また遊びに来て下さい♪

初めまして、年末にブログを見つけ最初から読ませていただきした。
私も数年前にお二人と同じように会社を辞め旅立とうかどうか迷い、
結局、勇気がなく断念しました。

現在となっては後悔でいっぱいです。

是非とも、お二人には悔いのないよう旅を続けていただきたいです。
続き楽しみにしています。
プロフィール

よ~じ&ナナ

Author:よ~じ&ナナ
2007年6月1日から
2009年9月17日まで
世界一周の旅に出ていました。

現在地 2015/08/29
日本・高松
転勤で四国に移動!
四国での生活を満喫中♪

旅した国◆67カ国
中国・ネパール
インド・UAE・トルコ
ギリシャ・イタリア
バチカン・スペイン・モロッコ
ポルトガル・フランス
ベルギー・オランダ・ドイツ
フィンランド・エストニア
ラトヴィア・リトアニア
ポーランド・チェコ
オーストリア・スロバキア
ハンガリー・スロベニア
クロアチア・モンテネグロ
ボスニアヘルチェゴビナ
セルビア・ブルガリア
マケドニア・グルジア
アルメニア・イラン
シリア・レバノン
ヨルダン・イスラエル
パレスチナ・エジプト
イエメン・エチオピア
ケニア・ウガンダ
ルワンダ・タンザニア
マラウィ・ザンビア
ナミビア・南アフリカ
アルゼンチン・チリ
ブラジル・パラグアイ
ボリビア・ペルー
エクアドル・コロンビア
パナマ・コスタリカ
ニカラグア・ホンジュラス
エルサルバドル・グアテマラ
メキシコ・キューバ・カナダ

カテゴリー
最近の記事
訪問者数
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
FC2ブログランキング
ブログランキングに登録してます! 是非バーナーを、クリックしてください♪

FC2ブログランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。