スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アスワン・アブシンベル◆その2 (2008,10/9~11)

アブシンベルへはアスワンの町を朝の4時に出発する。
前回来た時は、最初は星空を、その後砂漠に昇る太陽に感動した記憶がある。
今回は、太陽どころか星空もろく見ず爆睡、目が覚めた時にはアブシンベルの入り口だった。
もう若くないのだろうか・・・

●アブシンベル神殿
ラムセス2世が立て、大神殿・小神殿で構成されていてる。
建設後、長い年月砂漠の中に埋もれていたが、1813年にスイスの学者によって
小壁の一部が発見され、1817年にイタリアの探検家に入り口が発掘された。
発掘直後の写真を見たことあるが、
ロマン溢れる写真で見つけた時の感動はすごかっただろうと思った。

その後1960年にナイル川にアスワンハイダムの建設計画がもちあがり、
水没の危機にあったが、ユネスコによって国際的な救済活動が行われた。
1964年から4年間をかけアブシンベル神殿は正確にブロック状に分割されて、
約60m上方、ナイル川から210m離れた丘に移築された。
このことが、世界遺産の創設のきっかけとなったそうだ。

前回のエジプト旅行でエジプトの遺跡で一番興奮したのはピラミッドではなく
このアブシンベル神殿だった。
ピラミッドで予想以上の感動だったので、今回も期待を胸に訪れた♪

やッぱり、でけぇ~!!!
表現力豊かでない僕はやっぱり最初にこう思った。
大神殿正面に立っている4体の巨象はラムセス2世だ。
▼大神殿の前で♪
アブシンベル0101

▼近くで見ると更には迫力満点♪
アブシンベル0102

これを造った昔のエジプト人達にも脱帽だが、
これを移築しようと考え実行に移した現代の人々も負けずに素晴らしい♪

アブシンベル神殿は銅像ではないので外観のラムセス2世像
だけではなく内部に入ることができる。
▼ラムセス2世像に挟まれて神殿の入り口がある。
アブシンベル0104

内部はプタハ神、アメン・ラー神、ラー・ホルアクティ神、
そしてラムセス二世が祭られている。

ここでも、考古学博物館やピラミッド同様内部の撮影が禁止になっている。
▼入口ぎりぎりから入った辺りの写真
アブシンベル0105

▼でもフラッシュをたかなければ2,3枚なら撮らしてもらえた。
アブシンベル0106

▼内部にはすばらしい壁画や彫刻が残っている
アブシンベル0107

砂漠に埋まっていた為か、内部は色彩鮮やかな壁画や彫刻が残されていて見る価値アリだ!

続いて隣の小神殿にいった。
小神殿はハトホル神と王妃ネフェルタリに捧げられた神殿で
正面に建っている像はラムセス2世とネフェルタリだそうだ。
▼大神殿に比べると見劣りするがこれもこれですごい。
アブシンベル0108

さて現在のアブシンベル神殿の間横まで人口の湖ナセル湖が迫っている。
さてオリジナルのアブシンベルがあった位置は
移築された現在のアブシンベル神殿より60m下の水中だった。
▼普通の湖に見えるがこの水中にはいくつもの遺跡が沈んでいる。
アブシンベル0113

●フィラエ神殿
アブシンベル観光が終わるとアスワン近郊にあるイシス神殿を訪れる。

フィラエ神殿もアブシンベル同様にアスワンハイダムの完成とともに
ナセル湖に沈む運命だったがアギルキア島に移築された。
▼造られた当時は鮮やかに装飾されていたそうだ。
アブシンベル0109

▼内部のレリーフがきれいな状態で残っている。
アブシンベル0110

▼古代エジプト文明をまじかで体感できる!
アブシンベル0112

▼照明も雰囲気があっていい♪
アブシンベル0111


イシス神殿の観光終了後にアスワンの町に戻った。
早朝の3時に起きツアーに参加し普通ならアスワンの町で2,3日ダラダラする
ところだが懲りずに何度も書くが今の僕達には時間がない!!
悪いのはもちろん無計画な自分達なのだが・・・
という事でツアー終了後再び列車に乗り、ナイル川を今度は北上しルクソールに向かった!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よ~じ&ナナ

Author:よ~じ&ナナ
2007年6月1日から
2009年9月17日まで
世界一周の旅に出ていました。

現在地 2015/08/29
日本・高松
転勤で四国に移動!
四国での生活を満喫中♪

旅した国◆67カ国
中国・ネパール
インド・UAE・トルコ
ギリシャ・イタリア
バチカン・スペイン・モロッコ
ポルトガル・フランス
ベルギー・オランダ・ドイツ
フィンランド・エストニア
ラトヴィア・リトアニア
ポーランド・チェコ
オーストリア・スロバキア
ハンガリー・スロベニア
クロアチア・モンテネグロ
ボスニアヘルチェゴビナ
セルビア・ブルガリア
マケドニア・グルジア
アルメニア・イラン
シリア・レバノン
ヨルダン・イスラエル
パレスチナ・エジプト
イエメン・エチオピア
ケニア・ウガンダ
ルワンダ・タンザニア
マラウィ・ザンビア
ナミビア・南アフリカ
アルゼンチン・チリ
ブラジル・パラグアイ
ボリビア・ペルー
エクアドル・コロンビア
パナマ・コスタリカ
ニカラグア・ホンジュラス
エルサルバドル・グアテマラ
メキシコ・キューバ・カナダ

カテゴリー
最近の記事
訪問者数
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近のコメント
FC2ブログランキング
ブログランキングに登録してます! 是非バーナーを、クリックしてください♪

FC2ブログランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。