スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルクソール◆その2(2008,10/11~14)

◆ナイル川・西岸
日の沈む地、ナイル川西岸
現代でも川一つ隔てただけなのに、都市として発展を続けてる東岸とは違い
のんび~りとゆるい空気が漂う農村のが東岸だ。

東岸は幅広く遺跡が点在しているため、ツアーやタクシーを貸切って回る。
レンタル自転車で回る事もできるがおススメできない!
前回訪れた時は、若さにまかせて自転車で回り
宿に戻った後、日射病で倒れた・・・

大人になった今回は・・・
今回も変わらず自転車で回る♪
ツアーで回ると自分達の好きな場所でゆっくりできないのと
観光ボケしている僕達は人より苦労しないと
感動が少ないかなぁ~、なんて思ったからだ。

10月ではあるが太陽が昇ると自転車には地獄、勝負は午前中!
早朝、宿を出て渡し船に自転車を乗せ西岸に向う。
▼西岸の遺跡で最初に迎え入れてくれるのはメノムの巨象
ルクソール0201

前回の記憶では、王家の谷は一番遠く、しかも上り。
暑くなる前にこの王家の谷を制覇すれば後は楽勝のはず?
という事で最初に王家の谷に向かう!

●王家の谷
古代エジプトの24の王墓を含む64の墓が発見されている。
当時、王の墓の多くが盗掘にあっていたことから、トトメス1世によって
はじめて自分の墓のありかを隠す目的でこの谷に初めて岩窟墓が建設された。
だが、長い歴史の中で王家の谷にある墓の多くも盗掘を受けた。
その中で1922年に発掘されたツタンカーメンの墓は唯一未盗掘で、
副葬品の財宝が完全な形で発見された。

数々のツアーバスやタクシーに追い抜かれ、
王家の谷に着くころにはすでに筋肉痛とサドルが固いためお尻が痛い・・・
夫婦揃って、がに股で王家の谷の見物にい向かった。
▼王家の谷の入り口
ルクソール0202

王家の谷にあるお墓には一つのチケットで3つまで入場することができる。
墓の内部には当たり前だが遺品は残っていない。
しかし、複雑な造りなものや、壁に残された壁画の保存状態のよいものなどがあり興味をそそる♪
是非皆さんにお墓の中を見ていただきたいのだが、ここも例外なく写真撮影禁止なのだ・・・
▼だから入ったお墓の看板でゴメン
ルクソール0203

この王家の谷で別格なのがツタンカーメンの墓!
ツタンカーメンの墓に入るためには別途高額チケットを購入しなくてはいけない。
僕は前回見てるのでパス。ナナだけ見に行くことにした。
▼高額入場券をもって入口で記念撮影
ルクソール0204

王家の谷の見学も終わり、次の遺跡に向かう!
▼残りは下りと平坦な道なので楽勝のはず!
ルクソール0205

▼お腹がすいたのでお弁当。もちろんエジプトの国民食『コシャリ』
ルクソール0206

●ハトシェプスト女王葬祭殿
古代エジプト唯一人の女性ファラオ、ハトシェプストが造営した葬祭殿。
1997年に起こった、ルクソール事件の現場。
遺跡で待ち伏せしていたテロリストに襲われ、観光客や警官62人が亡くなり
その中には日本人新婚旅行者も含まれていた。

前回訪れた時のがっかり遺跡No,1。
でも行く。
有名だし、ナナが行ってないから・・・
▼二人ともこの時点でボロボロなんだが、カラ元気♪
ルクソール0207

▼ロケーションはすごい!こんな絶壁の真下に造るなんて。
ルクソール0208

▼でも修復しすぎで味がないんだよなぁ~。こんなふうにツルツルだもん!
ルクソール0209

中学の時に見た社会の資料集で、この遺跡は間違いなく素晴らしいと思い
エジプトに来たが、完璧に修復されロマンも何も感じれなくがっかりしたのが前回。
今回もやはり感想は同じ、ナナも感じたらしくただの造り物にしか見えなかった。

●ラムセスⅢ世葬祭殿
ラムセス3世・・・
どんな人か知らない、ゴメン

人物は知らないが、この葬祭殿は個人的にはルクソールの中では
カルナック神殿と同じくらいGoodな見どころだ!!
カルナック神殿ほどのバカでかさはないが、この葬祭殿には色が綺麗に残っている。
▼ハトシェプスト女王葬祭殿にも見習ってもらいたい味のある風化ぐあい
ルクソール0210

▼こんな感じで色が残っている。
ルクソール0211

▼この色って修復してつけたものなんだろうか??
ルクソール0212

▼まぁ~、それでもいい感じなんでこの際どっちでもいい♪
ルクソール0213

ラムセスⅢ世葬祭殿に着いた時にはもうフラフラ・・・
遺跡の陰で動けなくなり二人で力尽きた。
ここで西岸に戻るための体力回復に努めた。

さぁ~、帰るどぉ~!!!
という事で、ラムセスⅢ世葬祭殿から再び自転車をこぎ東岸を目指す。
▼ナイル川から見た東岸・ルクソール神殿
ルクソール0214

結局、日の出とともに宿を出発して昼過ぎに宿に戻ってきた。
宿に戻ると、太陽にさらされ火照った体を水シャワーで冷やし、
ファンをガンガン回して夕方まで寝ました。

ちなみにここはエジプト、タクシーをチャーターしたってしれてるんで
ルクソール観光はタクをオススメします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よ~じ&ナナ

Author:よ~じ&ナナ
2007年6月1日から
2009年9月17日まで
世界一周の旅に出ていました。

現在地 2015/08/29
日本・高松
転勤で四国に移動!
四国での生活を満喫中♪

旅した国◆67カ国
中国・ネパール
インド・UAE・トルコ
ギリシャ・イタリア
バチカン・スペイン・モロッコ
ポルトガル・フランス
ベルギー・オランダ・ドイツ
フィンランド・エストニア
ラトヴィア・リトアニア
ポーランド・チェコ
オーストリア・スロバキア
ハンガリー・スロベニア
クロアチア・モンテネグロ
ボスニアヘルチェゴビナ
セルビア・ブルガリア
マケドニア・グルジア
アルメニア・イラン
シリア・レバノン
ヨルダン・イスラエル
パレスチナ・エジプト
イエメン・エチオピア
ケニア・ウガンダ
ルワンダ・タンザニア
マラウィ・ザンビア
ナミビア・南アフリカ
アルゼンチン・チリ
ブラジル・パラグアイ
ボリビア・ペルー
エクアドル・コロンビア
パナマ・コスタリカ
ニカラグア・ホンジュラス
エルサルバドル・グアテマラ
メキシコ・キューバ・カナダ

カテゴリー
最近の記事
訪問者数
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
FC2ブログランキング
ブログランキングに登録してます! 是非バーナーを、クリックしてください♪

FC2ブログランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。