スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルンビニへの道

●ルンビニへの道

ポカラからルンビニへ直通のバスは出ていません。
インドとの国境の町スノウリヘ向かうバスに乗りバイラワというスノウリの手前の町で降り、
ローカルバスに乗り換えて向かいます。

ガイドブックによるとポカラからはバイラワまでは9時間、バイラワからルンビニは
ローカルバスで約1時間半の道のりです。

移動当日は朝から雨、7時にポカラのツーリストバスパークへ雨のなか向かいます。
何をするにもそうですが、重い荷物を背負い雨の中を移動するって気分が重いものです。
▼出発までの間チャイを飲みくつろぎます。
20070909194126.jpg

▼バスパークといってもただの広場にバスが止まってるだけです。
20070909194141.jpg

出発するとこのバス、他のどんなバスや車にも負けない速さで次々と抜かしていきます。
崖沿いの道を猛スピードで多少の恐怖もありますが、
この調子でいけばかなり早く着くんじゃないかと期待♪

そして途中ランチタイムと言う事で一度休憩、バスの運転手に聞くと
バイラワまであと2時間ぐらいで着くと予定より2時間ほど早い♪

しかし、昼ご飯を食べて30分ほど走るとのどかな平原のど真ん中で急にバスが止まります。
前を見るとなぜか大渋滞?なんでこんなところで?事故か?

最初わけがわからなかったんですが、英語を話せるネパール人に聞くと
『ストライキ!』
『ストライキ?』一瞬意味がわからなく、もう一度聞くと
『マオイストによるストライキ!!』
それでわかりました。

ネパールにはマオイストと呼ばれる反政府組織が武装闘争をおこなっています。
警察署の襲撃や主要道路の爆破や国軍との武装闘争も行われています。

アンナプルナのトレッキングルートにもいて、以前はトレッキングパーミットとして
金銭を要求されることがあったみたいです。
現在はアンナプルナでの力は弱くなったみたいで金銭を要求されることはありません。
僕達も実際トレッキング中に銃を持ったマオイストの兵士に出会いましたが
特に何もありませんでした。

そのマオイスト都市部では幹線道路でバンダと呼ばれる強制ゼネストを頻繁に起こし、
商店や道路封鎖などを起こしています。
その道路封鎖に巻き込まれてしまいました。
▼道路封鎖の為に身動きの取れない車列
20070909194201.jpg

▼平和な平原のど真ん中、周りは林とウシしかいません・・・・
20070909194216.jpg

時計を見ると14時前、そして朝の雨はどこへ行ったのか快晴、もうほとんどインドに近いので
ネパールの山間部の涼しさなどなくかなりの暑さ、みんなバスから出て木陰などで休憩しました。

1時間、2時間・・・5時間、平原のど真ん中でまわりに店もなく喉もカラカラになり、
ついにツーリストバスの客たちの怒りが頂点に達して、
どんな奴らが道路封鎖してるか見に行って文句を言ってやろうという事になりました。
▼他のバスの人達も暑いんで外に出て封鎖が解除されるのを待っています。
20070909194230.jpg

トルコ・スペイン・イラン・中国・アメリカ、そして僕達日本の多国籍軍は
打倒マオイストに向かいました。
残念ながら国連の承認は受けていませんが武力行使ではなく、
見物と話し合いのため問題ないでしょう!

2kmほど歩いて道路封鎖の現場に到着、道には古タイヤと、
その辺から切り倒して木が置いてあるだけ・・・

そして問題のマオイス達は・・・

なんとその辺に落ちてた棍棒をもった、中学生ぐらいのガキ達がが20人くらい・・・・
アンナプルナで会ったマオイストとは比べ物になりません!

はぁ~?こんな奴が道路封鎖してたのか?
どう見ても使命感に燃えた革命の戦士ではなく、調子に乗ったガキ共です。
自転車に2人乗りし後ろの奴が棍棒振り回したりして、同級生の女の子達に見せつけてたりします。

この状態に我らが多国籍軍で一番キレたのが、自称世界の警察アメリカではなく、
今やそのアメリカの天敵イランのおばちゃん!

流暢な英語でガキ達をまくしたてます!!
「何の意味があってやてるの?、こんなことしをて、あなたたちはハッピーなのか?」
もちろん、ガキ達は答えられません!
英語がわからないんじゃなくて、このストの意義についてわかっていない為です。
親たちは何をしてるのでしょう?
こんなクソガキ達は家でしばき倒しなさい!!

すると、少し教養がありそうなおじさんが出てきました。
どうもこの人がこのストの責任者らしく、いろんな理由を並べます。
「君達、旅行者を巻き込んですまない」だとか、なんやらかんやらと・・・
そして最後に「あと1時間でストは解除するから我慢してくれ」と言う事で
やっと解放されることがわかりました。

こうして、我らが多国籍軍は平和的に道路封鎖の解除の約束を得て
バスに戻ることになりました。

そして20時過ぎに道路封鎖は解除みんな歓喜のクラクションを鳴らしながら走りだします。
しかし、その歓喜のクラクションがそのまま怒りのクラクションへ・・・・
道路封鎖は解除されましたが、今まで封鎖されてた影響で引き続き渋滞!
まったく進みません。

結局、バイラワに着いたのは22時半過ぎ、ルンビニ行きのバスは
すでになくバイラワで一泊する羽目に
しかも泊まった宿が色んな意味で最悪で最高に疲れた体に
さらに追い打ちをかけてくれました

それでも明日は、ブッタ生誕の地ルンビニです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カズさん

昔の記事引っ張ってきてもらって光栄です!
そのうですね、王政廃止されて王様は普通の人になってしまいましたもんね!
ま~普通の人って言っても普通の超金持ちの人ですけど・・・

ネパールのお札からも王様の肖像はずされましたもんね~
あの時のお札持っといてよかった~♪

マオイスト

古い記事を掘り起こしてすいません…。
マオイストによる道路封鎖の「被害者体験談」ということで僕の旅行記からこちらのエントリーにリンクさせていただきました。

「反政府組織」と書いていますが、王政が廃止されて共和制に移行した今年、こともあろうにこいつらが最大会派になってしまったんですよね…。
毛沢東大嫌いな私には全く理解できません。
プロフィール

よ~じ&ナナ

Author:よ~じ&ナナ
2007年6月1日から
2009年9月17日まで
世界一周の旅に出ていました。

現在地 2015/08/29
日本・高松
転勤で四国に移動!
四国での生活を満喫中♪

旅した国◆67カ国
中国・ネパール
インド・UAE・トルコ
ギリシャ・イタリア
バチカン・スペイン・モロッコ
ポルトガル・フランス
ベルギー・オランダ・ドイツ
フィンランド・エストニア
ラトヴィア・リトアニア
ポーランド・チェコ
オーストリア・スロバキア
ハンガリー・スロベニア
クロアチア・モンテネグロ
ボスニアヘルチェゴビナ
セルビア・ブルガリア
マケドニア・グルジア
アルメニア・イラン
シリア・レバノン
ヨルダン・イスラエル
パレスチナ・エジプト
イエメン・エチオピア
ケニア・ウガンダ
ルワンダ・タンザニア
マラウィ・ザンビア
ナミビア・南アフリカ
アルゼンチン・チリ
ブラジル・パラグアイ
ボリビア・ペルー
エクアドル・コロンビア
パナマ・コスタリカ
ニカラグア・ホンジュラス
エルサルバドル・グアテマラ
メキシコ・キューバ・カナダ

カテゴリー
最近の記事
訪問者数
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のコメント
FC2ブログランキング
ブログランキングに登録してます! 是非バーナーを、クリックしてください♪

FC2ブログランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。