スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンパツアー◆その3(2009,4/27~29)

アマゾンは、もちろん川だ!
海から数百キロも離れているが、ここにはピンクイルカと呼ばれている川いるかがいる!!

では、さっそく探しに

今更だがアマゾン川、ワニもいるしピラニアもいる・・・
▼食べられても浮いて入れるようライフジャケットをつけてピンクイルカの捜索に!
DSC_6363_20110813101111.jpg

▼おっ!!前方にピンクイルカ発見!!
DSC_6358.jpg

▼今度はこっちに!!
DSC_6324.jpg

残念な事に、アマゾン川自体が濁っているのでピンクイルカの全体を見ることができない
でも、ピンクイルカも海にいるイルカと同じで人懐っこく遊ぶのが大好きで、
泳いでいると足をつついてきたりしてきて一緒に遊んでくれるんだが、
ここはアマゾン、足をつつかれるとワニかも!、ピラニアかもと思って純粋に楽しめなかった。


川から上がり場所を移動して今度は魚釣り
もちろん狙う魚はピラニア!!
餌は鶏肉・・・。

▼獰猛なピラニアだから鶏肉を川に投げ入れた瞬間に・・・・・。
DSC_6594.jpg

全然反応がない・・・・。


あっちこっちポイントを変えてみるけどつれない。
釣り始めて一時間くらいしてナナに微妙なあたりが・・・・。
▼おお、釣れてた。これがピラニア♪
DSC_6585.jpg

▼噛まれたらいたそう^^;
DSC_6587_20110813101549.jpg


ちなみにこの日の釣果は3時間ほどで2匹・・・。

▼意外と釣れないものだ
DSC_6608.jpg


以上、アナコンダツアーはこんな感じだ♪
やっぱり自然はいいねぇ~♪
ここまで旅してると遺跡とかはちょっと見飽きてたが、このツアーでは興奮しっぱなしだった!
でも、もうこのツアーはもうお腹いっぱい・・・。
まずルレナバケまで来る道のりと、ツアー中ずっと蚊に悩まされた
ジーンズを貫通して刺してくるアマゾンの蚊にはホント参った。
このツアーに参加する人は大量の虫除けスプレーと、大量の虫刺され薬はマストアイテムです。

▼アマゾンの夕暮れ、キレイだけど日が落ちるとかが大量発生する
DSC_6450.jpg

パンパツアー◆その2(2009,4/27~29)

朝起きると宿の前にいきなりワニがやってきていた。
▼ブエノス・ディアス(おはよう)♪
DSC_6207.jpg

▼ワニ皮の感触を確かめてみる。
DSC_6198.jpg

ワニと戯れてこのツアーの一番のメインイベントアナコンダ探しに向かった。

長靴を履いて湿地帯を探し回る。

このアナコンダ探しはっきり言って最悪だった・・・。
熱帯地域で湿原と言えばアホほど蚊がいる。
人生で刺されたことがないくらい刺された。
▼全然goodっとじゃない!苦笑い・・・。
DSC_6249.jpg

服を着ていても関係なくブスブス刺さしてくる。
刺されすぎて気が狂いそう、拷問だ。
こんな拷問だったらジャックバウァーでも、すぐにゲロするだろう。
僕も危うく・・・。
▼ナナも秘密を喋るのがいやらしく完全防備・・・。
DSC_6254.jpg

で、国家機密と私的な秘密を守るため蚊と必死に戦ってると
いつの間にガイドがアナコンダをみつけていた。
▼とったどぉ~! 
DSC_6264.jpg

記念写真を撮ったらガイドを捨てて拷問地域から脱出。
▼長靴はいても結局浸水していた
DSC_6268.jpg

▼アナコンダごときでかなりお疲れだ。
DSC_6269.jpg

再びアマゾンツアー再開♪
▼インコ再び!
DSC_6034.jpg

▼火の鳥!?再び!
DSC_6221.jpg

▼日本でも人気のカピパラ♪実はねずみ。
001.jpg

▼くちばしが馬鹿でかくて面白いトゥカン。 微妙な写真でゴメン
003.jpg

▼ナマケモノ
002.jpg

あぁ~動物って癒される。
アナコンダなんてホントどうでも良かった。
で本日は夜にもアマゾンに出発!
30分ほどしてガイドがお目当ての獲物を捕獲♪
▼本日の獲物ワニの赤ちゃん
DSC_6464.jpg

あまり虐めてぐれて不良にでもなられると将来が怖いのですぐに川に返した。
▼だって将来こんなのになるんだからねぇ・・・。
DSC_6201.jpg

パンパツアー◆その1(2009,4/27~29)

●アナコンダツアー

アマゾンを巡るツアーはいくつかのコースがあり、パンパツアーとアナコンダツアーが人気がある。
どちらも基本は同じ所を巡りパンパツアーは湿原を巡る時間が長いツアーで、
アナコンダツアーは湿原巡りと、その名の通りアナコンダを探しに行くツアーだ。

アナコンダには興味がないが、アナコンダツアーのほうが人気があるのでアナコンダツアーに申込んだ。
ツアーはルレナバケからは再び未舗装の道で3時間先のサンタ・ロサという小さな村からスタートするはすなのだが・・・。
▼毎度おなじみの車のパンク、いつものことなので普通に笑顔で過ごせるようになった。
DSC_6029.jpg

結局3時間修理にかかり、かなり遅れてサンタロサの町に到着。
さっそくボートに乗ってアマゾン川(支流だけど・・・)に足を踏み入れた♪
アマゾンツアー出発!!
▼細長いボートに揺られアマゾンへ
DSC_6046.jpg

ここから動物観察をしながらアマゾンの奥地にあるキャンプ場へ移動。

『おっ!木の上にリスザル発見!!』
▼出発してすぐにアマゾンの動物に出会えてラッキー♪
DSC_6140.jpg

ガイドが船を近づけ、お昼の残りのバナナを出すと・・・・


▼大惨事に・・・・(笑)
DSC_6143.jpg

更に湿原の奥へ船を進めると
▼火の鳥!?
DSC_6106.jpg

▼昼なのにフクロウ発見!!
DSC_6091.jpg

▼派手なインコウが!
DSC_6240.jpg

▼最後は湿原に沈む夕日
DSC_6174.jpg

と、車の修理で出遅れたわりには
初日から色々見れて結構満足♪明日が楽しみだ!

ルレナバケ(2009,4/25~4/27,4/,29~30)

ボリビアの国土は3,000mを超えるアンデスの山々が半分と、
アマゾン川の支流が流れるアマゾンジャングル地帯となっている。
アマゾン地帯は野生動物の楽園めずらしい野鳥や動物がたくさんいて
アマゾンツアーができる。そのアマゾンツアーの基点の町ルレナバケだ。

●デスロード
ルレナバケに行くにはデスロード【死の道】といわれる道を通らないといけない。
デスロードはアンデス山脈の険しい斜面を削って作られているため道幅は狭く、
舗装もされていないもちろんガードレールもなく車が谷底に落ち事故が頻発していて
年間約200人ほどの人が命を落としている。
そんな道をバスで約20時間ほど揺られてルレナバケに向かう。
なんとか吐きはしなかったが激しく体力を奪われルレナバケに到着。
▼交通網が乏しいのでバスは人だけではなく生活用品も運ぶ。 新品のバイクなんかも
ルレナバケ001

▼全く迫力が伝わらないがデスロード
ルレナバケ002

▼デスロードの中でもかなり広い場所
ルレナバケ003


●ルレナバケ
バスを降りると湿気を含んだ熱帯の気候になっていた緑の濃いにおいがする空気だ、
標高4000m近くのラパスからだと一気に雰囲気が変わった。
熱帯雨林のアマゾン川支流に開けた町ルレナバケ町は
こじんまりとしていて季節もいい時期みたいで過ごしやすい。
▼川を挟んで町が広がる。
ルレナバケ004

▼川沿いには上流から運ばれてきたバナナが山積みされていた。
ルレナバケ006

▼バス移動で消耗した体力を回復させるために腹ごしらえに行った。
ルレナバケ005

長袖で過ごしていた秋のラパスと比べると半袖半ズボンで過ごせ快適だ♪
宿に戻り溜まっていた洗濯物も一気に乾きそうなのでまとめて洗濯し
夕方再び町に出てツアー会社でジャングルツアーを申込んだ。
▼夕暮れのルレナバケ
ルレナバケ007

明日からジャングル探検だ!!


テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ラパス◆その2

南米の沈没ポイントとして有名なラパス
大体がそうだがバックパッカーが沈没するような場所に
たいした見所なんてないのだが、ここラパスもこれといって何もない・・・。
それでも旅行者はここから動けなくなるのだ。
▼鳩に餌やるのも観光のひとつ??
ラパス0202
ラパスは旅行者が長期で滞在することで有名だ。
バックパッカーの長期滞在の事をみんな沈没というが、
世界中に沈没ポイントと呼ばれているいろいろある。


ボリビアは南米ではずば抜けて物価が安いので何でも食べたいものが食べれる。
ボリビアの食事のクオリティは他の南米の国々と比べると劣るといわれるが
これにスープがついて100円くらいなので僕たちには十分だ♪
▼ご飯の特集はまた後日!
ラパス0203

他にも誘惑はあふれており、だらだらとした生活が続く・・・。
これでは駄目だと言う事で、チリで出会ったじゅんこさん、
そして急遽加わったボーズ(彼のことは時間があれば詳しく説明したい)とで
アマゾン川の支流が流れているルネナバケに行くことして一度ラパスを脱出することにした。
▼ルレナバケに行く日に記念撮影♪
ラパス0201

でも僕は行きたくないんだよなぁルネナバケ、
デスロード(死の道)を通らないといけないから・・・。



プロフィール

よ~じ&ナナ

Author:よ~じ&ナナ
2007年6月1日から
2009年9月17日まで
世界一周の旅に出ていました。

現在地 2015/08/29
日本・高松
転勤で四国に移動!
四国での生活を満喫中♪

旅した国◆67カ国
中国・ネパール
インド・UAE・トルコ
ギリシャ・イタリア
バチカン・スペイン・モロッコ
ポルトガル・フランス
ベルギー・オランダ・ドイツ
フィンランド・エストニア
ラトヴィア・リトアニア
ポーランド・チェコ
オーストリア・スロバキア
ハンガリー・スロベニア
クロアチア・モンテネグロ
ボスニアヘルチェゴビナ
セルビア・ブルガリア
マケドニア・グルジア
アルメニア・イラン
シリア・レバノン
ヨルダン・イスラエル
パレスチナ・エジプト
イエメン・エチオピア
ケニア・ウガンダ
ルワンダ・タンザニア
マラウィ・ザンビア
ナミビア・南アフリカ
アルゼンチン・チリ
ブラジル・パラグアイ
ボリビア・ペルー
エクアドル・コロンビア
パナマ・コスタリカ
ニカラグア・ホンジュラス
エルサルバドル・グアテマラ
メキシコ・キューバ・カナダ

カテゴリー
最近の記事
訪問者数
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
FC2ブログランキング
ブログランキングに登録してます! 是非バーナーを、クリックしてください♪

FC2ブログランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。